• 石橋 正義

なぜプロパティマネージャー(物件管理者)が必要なの?

最終更新: 6月10日

プロパティマネージャーの仕事は簡単なことではありません。物件管理は安定した仕事ではありますが、時間のかかる仕事であり、物件の所有者と賃貸人の両方に利益をもたらす為に多大な責任と強い意志が必要です。

"不動産管理(プロパティ・マネージメント)とは、あなたの不動産の部屋と入居者を管理します。"

一人のオーナーが複数の物件を所有している場合は適切な管理が困難になります。 オーナーは物件管理者を上手に使うことにより、オーナーと賃貸人の両方が幸せに過ごせます。 不動産管理者の重要性をよりよく理解するために、彼らが持つ責任と義務の範囲ついて議論するのはとても大切なことです。

プロパティマネージャーの責任範囲

1. 賃借人の選定と管理

物件管理者(プロパティマネージャー)の仕事の一部は、テナントを探して、物件の空室を埋めることです。 彼らはまた、可能なすべての賃借人の信用調査を担当し、賃借人に何か問題がないかを確認します。物件管理者(プロパティマネージャー)は、賃借人の検索と選定の他に、賃貸の責任者(法人の場合)、賃借人の不満、退去時の手続き、立会いも担当しています。

2. メンテナンス

前述のように、物件管理者(プロパティマネージャー)はテナントの苦情窓口にもなっており、不動産の保守や修理の手配も担当しています。

3. 賃貸

言うまでもなく、より多くの賃貸希望者を惹きつけるためには適切な家賃を調査し設定する必要があるため、物件管理者(プロパティマネージャー)にとって賃貸は最も難しい仕事の1つです。 また、家賃の徴収と手数料の調整も担当しています。

4. 税金支払い

毎年、物件に付随する税金が発生します。 物件管理者(プロパティマネージャー)は、物件オーナー様の固定資産税などの支払いをサポート及び代行します。

5. 予算管理

物件管理者(プロパティマネージャー)は、物件に発生する必要なすべての費用の予測、管理を行い、物件に関するすべての重要な記録を保管する責任があります。

6. 物件及び関連スタッフの管理

関連スタッフ(清掃人、修理人)と連絡して、彼らがきちんと仕事をしたかどうかを確認します。 物件管理者(プロパティマネージャー)は、賃貸済み物件だけでなく、空室物件もそれらを監督します。物件を良い状態で清潔に管理することで、最終的には、テナントを見つけることができることに貢献するようになります。

7. 物件管理の関連法規

プロパティマネージャーは、テナント、保証金の取り扱い、物件の安全基準への準拠、およびその他の重要なタスクに関するさまざまな法律を知っていることが期待されます。

プロパティマネージャーの重要性

上記は、プロパティーマネージャーにとってとても重要は仕事です。 これらすべての他に、プロパティマネージャーの存在がとても重要であり、次の理由から高く評価されています。

  • 物件管理者(プロパティマネージャー)はあなたに代わって様々な対応をする窓口になる為、物件に緊急事態が発生し、すぐに現場に急行することが必要な場合にも、あなたに代わって現場に駆け付け、問題解決のサポートを行います。

  • 物件管理者(プロパティマネージャー)は物件オーナーと賃借人の間の架け橋として機能します。

  • 物件管理者(プロパティマネージャー)は様々な予想される物件の問題発生を未然に防ぎます。

  • 物件管理者(プロパティマネージャー)が物件管理を行うことにより、あなたの時間を節約することができます。

繰り返しになりますが、資産管理は物件をみてあるくだけのような、公園の散歩のような仕事ではありません。 最終的な目標は、物件オーナーと賃借人の両者にとって「物件管理者(プロパティマネージャー)がいてよかった」と思ってもらうことです。物件管理者(プロパティマネージャー)は、物件オーナーと賃借人の双方の絆を築き、両方の生活がより向上すること実現することに大いに役立つことを目指しています。



11回の閲覧

+63 2 8256 9633 

Room 400 VGP Center, 6772 Ayala Ave., Makati City, Philippines 1226

©2019 by Bed&Go Inc.