• 石橋 正義

フィリピンにはどんな物件があるの?(フィリピン物件購入初心者編①)

更新日:2020年6月1日

フィリピンでは、2種類の物件があります。

一つは、プレセールもしくは、プレビルド物件といい、建設に着工していない物件をデベロッパーが販売をします。まだ、更地で図面と、スケールモデル(建物模型)と金額表のみで購入するものです。


メリット 

・積立払いができるので購入しやすい

・デベロッパーから購入するので安心


デメリット

・どのような施工になるのか? とくに、共有フロアの詳細が不確定

・完成までの間、物件の運用・利用もできないため、資金が塩漬けになってしまう

・完成しない場合もある

・部屋からの景色がわからない


もう一つは、新古・中古物件。既に完成して引き渡しをうけるタイミングの物件もしくは、中古の物件です。


メリット

・物件が完成しているので、現物を確認できるので、クオリティーを確認でき確実です

・購入後、すぐに入居、運用が可能です。資金を有効にいかせます

・すでに完成しているので安心です

・部屋からの景色や日差しなども確認できます。


デメリット

・現金一括払いが基本であるため、資金がないと購入できない。(銀行ローンが利用できる場合もあります。)


どちらも一長一短があり、購入希望者の資金状況によりお勧めが変わりますが、新古・中古物件は、資金を寝かせることがなく、物件を最大限に活用できますので、資金的に問題がなければ、特におすすめしております。ご不明な点ございましたら、お気軽にお問合せ願います。



閲覧数:38回0件のコメント