top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

フィリピン・マニラの不動産価格高騰の理由とは? 

January 9, 2024



フィリピンが再開発の完了に向けて着々と歩みを進め、経済が回復局面に入る中、不動産業界は大幅な需要の増加に向けて準備を進めています。政府の予測でも今後は不動産取引の急増が見込まれており、代理店、弁護士、その他の業界専門家を含む不動産専門家に対する需要が高まることが予想されます。

フィリピンの財務長官、ベンジャミン・ディオクノ氏は、景気回復は特定のセグメントに限定されるものではなく、商業用不動産と住宅用不動産の両方で起こるだろうと強調する。加えて、在宅勤務や新しい形のオフィスの人気の高まりといった要因を考慮し、「新たな生活様式」に適応することの重要性を強調している。

一方で不動産はフィリピン経済において重要な役割を果たしてきたが、パンデミック(世界的大流行)時には商業スペース、住宅の賃貸、販売が低迷した。

"移動制限の緩和と経済活動の活発化により、我々はパンデミック以前のマクロ経済目標を上回るよう努力するため、民間部門の支援を呼びかける"



マニラ首都圏コンドミニアムの流行:時代の兆し

  • フィリピンでの不動産需要の急増は、2022年上半期にマニラ首都圏のコンドミニアムへの関心が顕著に高まったことを反映したドット・プロパティ・グループの観測と一致している。対面業務への回帰が需要の顕著な急増に拍車をかけ、2021年第4四半期から2022年第1四半期にかけて問い合わせが17.8%増加した。この勢いは第2四半期も続き、前の3ヵ月と比較して28.2%もの大幅な急増を記録した。


この理由もまた、パンデミックと関係がある。年初に企業が現場での業務を再開したため、パンデミック中に一時的に転居していた従業員の多くが、職場に近いコンドミニアムを積極的に探した。この傾向はマニラ首都圏の不動産市場全体のパターンを反映しており、サントス・ナイト・フランクによると、第2四半期の小売店の空室率は4.6%とパンデミック前の水準に近づいている。また、リーチウ・プロパティ・コンサルタンツは、4月から6月にかけて首都圏のオフィス需要が倍増したと報告している。



高級マンションの価格と需要

  • フィリピンの住宅市場、特にマニラ首都圏のビジネス中心地区(CBD)では、価格高騰の兆しが見えてきた。グローバル・プロパティ・ガイドは、2022年の高級コンドミニアムの平均価格が3.93%上昇したと指摘している。しかし、インフレ調整後では、高級マンション価格は同期間に3.82%という緩やかな下落を経験した。四半期ごとのデータでは、住宅価格は2022年第4四半期に1.59%の上昇を記録し、プラス基調を示している。実質的には0.62%のわずかな下落にもかかわらず、全体的なトレンドは回復を示唆している。需要もこの楽観論に呼応し、販売前の動きは回復し、2022年の販売戸数は2万戸と、前年比54%の大幅増となった。



このように、フィリピンでは堅調な経済成長に支えられ、住宅市場の復活は2023年まで続く見通しだ。フィリピン経済は、2021年の5.7%増に続き、2022年も7.6%増を記録した。政府は今年の成長率を6~7%と予想しており、マニラの不動産事情は回復と新たな可能性の道標となっている。投資家、業界関係者、住宅購入者は、フィリピンの不動産が復活する中で展開される機会を活用するのに有利な立場にある。


REFERENCE:

閲覧数:7回0件のコメント

Comentarios


bottom of page