top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

フィリピン不動産投資:マニラで、家賃が高くなりやすい・なりにくい物件の特徴とは?

更新日:2023年12月6日

Date: December 5, 2023


1. 近接プレミアム:

  • 電車やバスなど、主要な公共交通機関の大きい駅、または高速道路などの整備された交通インフラに近接する物件は、賃貸価格にプレミアがつきます。交通機関へのアクセスが良いと、借主にとって毎日の利便性が高く、需要が高まり、結果として賃貸コストが上昇するのです。


2. CBDにおける値ごろ感の課題

  • 中心業務地区(CBD)は、経済・商業活動の中心地であり、交通の便が良いでしょう。しかし、これらの地域では住宅需要が高く、新規開発スペースが限られているため、すでに賃貸価格が高騰しています。この価格高騰は、市民が職場の近くに住むのが難しいほどに激しく、社会課題にもなっています。


3. 手頃な価格に影響する交通費:

  • CBDから離れた地域では、物件事態は安くても交通費が値ごろ感を左右する重要な要因となります。このような場所で交通インフラが改善されれば、通勤にかかる費用を削減することができ、市民の経済的負担を全体的に軽減することができます。その結果、これらの地域の賃貸物件は、多くの借主にとって、将来的にはより魅力的になる可能性があります。



4. 新たな可能性と賃貸の魅力:

  • 近隣に交通インフラ整備の可能性が出てきた物件は、不動産投資家にとっても賃貸人にとっても魅力的な選択肢となります。新たな交通プロジェクトや交通整備が計画・実施されると、以前はアクセスが悪く魅力的でないとされた地域でも需要が高まり、賃貸価格に影響が出る可能性があるからです。また、借主もこのような新たな立地に長期的な価値を見出しう用が高まる可能性も考えられます。


5. 商業用不動産への影響:

  • 賃貸住宅だけでなく、商業用不動産にも影響は及びます。効率的な交通インフラを持つ地域には、利便性を求めた企業が集まります。こうした地域の商業スペースに対する需要は、不動産価値全体を押し上げ、住宅と商業用不動産の両方の賃貸価格に影響を与える可能性があります。

6. 政府・機関の影響:

  • マニラやケソン市など特定の地域には政府機関や高等教育機関が存在し、賃貸価格の上昇に寄与しています。こうした制度や雇用の要因が交通の利便性と相まって、マニラ首都圏の多様な経済・社会情勢を反映した独自の賃貸ダイナミズムを生み出しています。


交通インフラがマニラの賃貸価格に与える影響は多岐にわたります。マニラ市が交通網の進化と投資を続けるにつれ、こうした影響は賃貸市場やマニラ首都圏の広範な不動産状況を形成する上で重要な役割を果たすことになると予想されます。投資家にとっては、今後のインフラの整備と不動産の動きを注意深く観察することで将来の見通しを立てることが重要になってくるでしょう。



閲覧数:7回0件のコメント

Comentários


bottom of page