• yoshibedandgo

フィリピン初のREITついに上場


7月17日に PSE ウェブサイトに掲載された AREIT の IPO・上場要領によると、AREIT は、IPO において普通株式(1株当たり額面 10 ペソ)約 4 億 5,688 万株(うち新株約 4,786 万株)を売却する。最大で約4,569 万株の追加オプションが付せられている。この追加オプションがフル行使された場合の売却株数は 5 億0,257 株となる。ただし、新株発行は約4,786万株に過ぎず、大半はアヤラランドが保有する AREIT の既存株式の売り出しである。

AREITのIPO最終価格は、7月22 日、1株当たり27ペソと決定された。IPO総額は135億 7,000万ペソとなるが、既存株式中心の売却であり、新規調達額は約 12 億 9,000 万ペソに過ぎない。IPO 期間は 7 月 27 日~8 月 3 日であった。上場後の浮動株式比率は 49%と推定される。 (引用:フィリピン経済・金融・投資情報より)



フィリピンでREITが上場できるように法整備されて10年、待ち望んだフィリピンのREITがついに誕生した。その高い期待とは裏腹に、初日の公開価格を一時上回る価格がついたものの、終値は24.90となり、公開価格より2.10ペソマイナスの-7.78%と暴落となった。

期待が大きかったが、新型コロナの影響を大きく受けた不動産市況の今後の厳しさをあらわすような波乱な幕開けとなった。


石橋正義




閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新しい住居に引っ越すことは、私達の生活に大きな変化をもたらします。賃貸にせよ、不動産購入にせよ、引越しとは単純に家から家へと移動するだけではないもっと大きな変化の要素が多数あることは間違いないかと思います。新居に引越しする時に不安や心配事が発生することはよくありますが、これらは軽視した方がよいのでしょうか?引越しに伴うこれらの不安や心配事を放っておくことは、時に重大な、取返しの付かない結果を招くこ

住宅、コンドミニアム等の不動産への投資をお考えですか? 本日は、あなたが不動産に投資することにより、発生する利益についてお伝えするとともに、不動産投資が生涯にわたって選択するべき投資となる理由をご紹介いたします。 投資家にとって、不動産は常に注目をされ、健全で耐久性のある投資です。 不動産市場は長年に渡り安定して成長する業界として位置づけられている為、時の試練を乗り切るための資産としてポートフォリ