top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

マカティの賃貸市場の活気を発見: 増え続ける需要に迫る

Date: December 20, 2023



フィリピンのビジネスの中心地であるマカティ市は、住宅地としても常に人気の高い場所です。職場への近さを求める地元のビジネスマンに好まれるだけでなく、自宅から離れた場所を求める駐在員にとっても計り知れない魅力がある。

マカティのビジネス中心地区(CBD)に近接するコンドミニアム・ユニットは、賑やかな賃貸市場で大きなリターンを狙う投資家にとって有望な展望を提示している。フィリピン最大のビジネス中心地区として、マカティには多くの外国人が集まり、多様な人口構造に貢献している。


フィリピン統計局の最近のデータによると、近年フィリピンでの外国企業や多国籍企業の数は継続的に増加しており、2018年の13,553社から2022年初頭には17,270社に達するまで増加した。労働雇用省地域雇用局は、2022年に首都圏で5万人以上の外国人が外国人雇用許可証を保有していると報告している。特にマカティのような中心街では、駐在員の住宅賃貸が顕著に増加している。この需要は主に、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業、シェアード・サービス・センター、多国間援助機関、物流・製造業に従事する労働者によって牽引されている。



外資系企業にとってマカティの魅力は、投資家に優しい政策、先進的なインフラ、アクセスのしやすさによってさらに確固たるものとなっている。44の大使館と34の領事館を擁するマカティは、外交官にとって憧れの地であり、市民の憩いの場となっている。


世界を飛び回りながらリモートで働く「グローバル・ノマド」の台頭も、フィリピンの駐在員人口の増加に貢献している。このような消費者層はマカティの賃貸市場をさらに拡大し、職場に近い場所に住むことを好み、利便性のために割高な家賃を支払うことを厭わない。


フィリピンの賃貸住宅市場、特にマカティのような都市部における賃貸住宅市場をより広い視野で見るには、市場ダイナミクスを掘り下げることが不可欠である。この分析は、投資家、政府機関、テナントなど様々なステークホルダーにとって不可欠であり、それぞれがトレンド、機会、潜在的リスクを理解することで利益を得ることができる。


近年、フィリピンの賃貸住宅市場は著しい変貌を遂げている。職場へのアクセスの良さを優先する若いビジネスマンや駐在員のライフスタイルの嗜好に後押しされ、ビジネス街やその近くに位置する物件への需要が急増している。特筆すべきトレンドは、家具付きアパートやコンドミニアムに対する需要の高まりで、一時的に滞在する労働者の人気の高まりや、利便性と快適さを提供する即入居可能な物件の人気が高まっていることを示している。



このように、現代のデジタル革命は、不動産取引にも新しい時代をもたらした。Face Bookのマーケットプレイスのようなオンライン・プラットフォームは、貸主と借主の関わり方に革命をもたらし、物件の検索、内覧、リーシングをより効率的にしている。人口動態の変化、特に急速な人口増加と都市化は、賃貸住宅市場の形成に重要な役割を果たしている。これらの影響により、マカティ、ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)、オルティガス・センターといった都市部では、都市型賃貸住宅への需要が急増している。


マカティの賃貸市場は、フィリピンの広範なトレンドを象徴するように進化を続けており、投資家、テナント、政策立案者にとって、課題と機会の両方をもたらしている。マカティのダイナミックな景観は、増え続ける需要と相まって、繁栄するフィリピンの不動産セクターにおいて重要な役割を担っている。


Reference:



閲覧数:8回0件のコメント
bottom of page