top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

マニラで暮らす外国人家族のためのレンタル生活:マニラで最高のコンドミニアム生活スタイルが楽しめる地域を見つける際の4つのコツ

Date: May 14, 2024


フィリピンの首都マニラに家族と共に移住を考える際、その活気ある文化や強固な経済に魅力を感じることでしょう。外国人家族にとって、この活気ある都市に落ち着くことは多くの機会を約束します。しかし、完璧な住まいを見つけるという課題も大きいです。マニラでは、イーストウッドシティ、センチュリーシティ、ロックウェルセンター、フォートボニファシオ・グローバルシティなどの有名な地区でのコンドミニアム生活が魅力的なライフスタイルを提供します。外国人家族としてマニラの不動産市場を理解するための重要なポイントを4つご紹介します:



1. 近所を理解する:

  • マニラは16の多様な地区を持つ広がりのある都市で、さまざまなライフスタイルや好みに合わせたユニークな生活体験を提供します。外国人家族にとって、特に適している地区がいくつかあります。これらの地区は、現代的な設備と安全への重点を備えています。特に、マカティ市、ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)、オルティガス・センター、アラバン、ケソン市があります。これらのエリアは、国際学校、ショッピングセンター、病院、レジャー施設など、よく発達したインフラが整っているため、快適さと便利さを求める家族にとって非常に魅力的です。さらに、これらの地区は強固なセキュリティ対策で知られており、住民に安全な環境を提供しています。各地区は独自の雰囲気を持っており、マカティやBGCのアップスケールでビジネス指向の雰囲気から、アラバンやケソン市のよりリラックスした郊外の感じまで、外国人家族が特定のニーズや好みに合わせて選ぶことができる幅広いオプションを提供しています。


2. 賃貸オプションの探求:

  • マニラの賃貸市場には、居心地の良いスタジオアパートメントから広々としたコンドミニアムまで、さまざまな家族のサイズや好みに合わせた物件が揃っています。しかし、賃貸料は国際学校やビジネス地区、生活施設に近いかどうかなどの要因によって地域によって大きく異なります。ほとんどの賃貸契約は1年間の標準リースで、お互いの合意に基づいて更新することができます。



3. 不動産の所有権を理解する:

  • フィリピンでは、外国人が土地を所有することに制限があるものの、コンドミニアムやタウンハウスの購入を通じて不動産市場に参加することができます。この方法は、国内で投資や永住を望む外国人にとって実用的な解決策を提供します。重要な点は、任意のコンドミニアムプロジェクトにおける外国人の所有率が40%に制限されていることです。この規制により、少なくとも60%の不動産がフィリピン人の手に残ることが保証されます。この方針は、外国投資のメリットと、住宅不動産における地元の所有権と管理を維持する必要性とのバランスを取ることを目指しています。このような投資を検討している外国人は、選択肢を慎重に探り、規制を効果的にナビゲートするために法的アドバイスを求めるべきです。このアプローチにより、彼らは法的枠組みを守るだけでなく、フィリピンでの住宅や投資ニーズに最も適した決定を行うための情報に基づいた選択が可能になります。


4. 安全と安心を優先する:

  • マニラに移住する家族にとって、安全性は最も重要です。住宅地では、安全な環境を作るために強固なセキュリティ対策が強調されています。ほとんどのマンションやゲート付きコミュニティでは、24時間体制の監視とCCTVシステムがあり、継続的に監視されています。これらのセキュリティ機能は、定期的に敷地を巡回する訓練された職員によって強化され、許可された人々のみがアクセスできます。この包括的なセキュリティ設定により、海外から来た家族は新しい家に安心して落ち着くことができます。安全への取り組みにより、マニラは都市の興奮と住宅の静けさのバランスを求める人々にとって魅力的な選択肢となっています。



マニラで外国人家族として生活することを選ぶというのは、新しい家を見つけるだけでなく、まったく新しいライフスタイルを受け入れることを意味します。地元の不動産市場の複雑さを理解することから、家族のニーズに合った地域を選ぶことまで、移行には多くの決断が必要です。しかし、最も適したエリアに焦点を当て、不動産所有の法的側面を理解し、住環境の安全を確保することで、家族はマニラの活気ある文化豊かな環境で確かに繁栄することができます。マニラが提供する冒険と機会を受け入れ、この活気ある都市でのコンドミニアム生活が便利であるだけでなく、非常に報われるものであることがわかるかもしれません。








参考文献:




閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page