top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

マニラのレンタルシーンを紐解く: フィリピン・マニラでのレンタル・アドベンチャーへの5つのヒント!

Date: April 4, 2024



マニラ、フィリピンへの道を踏み出すことは、単に周囲の環境を変えること以上の意味があります。それはライフスタイルの変革でもあります。マニラのダイナミックな街並みと多様な風景は、あらゆる予算や好みに応える住居選択肢を提供します。おしゃれな都市型コンドミニアムを目指すもよし、郊外の静かなアパートを求めるもよし、このガイドはマニラであなたを待つ賃貸シーンとライフスタイルのオプションを明らかにします。


メトロマニラでの都市生活:

  • 手の届く範囲の都市型リトリート:

  • フィリピンの中心に位置するメトロマニラは、多様なライフスタイルに応える活気ある大都市です。マニラの中心部にある小さなスタジオアパートは、月額15,000ペソ(約268米ドル)で、都市型の隠れ家になることができます。豪華さを求めるなら、屋上プール、スポーツ施設、息をのむような景観を備えた市中心部のアパートやコンドミニアムが月額25,000ペソ(約447米ドル)で提供されています。しかし、メトロマニラが数多くの機会やアメニティを提供している一方で、太陽にキスされた海岸を憧れる人々にとっては、理想とは言えないかもしれません。



便利さと贅沢:フィリピンのコンドミニアム賃貸

  • 都市の憩いの場に追加された快適さ:

  • フィリピンにおいて、便利さと贅沢を求める外国人駐在員にとって、コンドミニアムは際立っています。これらの都市の避難所は、プール、ジム、セキュリティガードなどのアメニティが備わっており、安全で快適な生活を望む人々にとって魅力的な選択肢となっています。コンドミニアムはアパートよりも価格が高いかもしれませんが、都市部に落ち着く人々にとって、その追加の利点がしばしばコストを正当化するものです。


手頃な価格と配慮事項:

  • 予算に優しい生活:

  • フィリピンでの賃貸の最も魅力的な側面の一つは、その手頃さです。マニラのワンベッドルームアパートは、月300ドル程度と非常にリーズナブルであり、これはニューヨークのような都市で同様の住居が2,000ドルを超えることがあるのとは大きな違いです。賃貸プロセスの間に、大家は通常、1〜2ヶ月分の家賃の保証金を要求します。これは、物件がきちんと維持されている場合にテナントに返される安全策です。リース期間は通常一年間ですが、一部の大家はそれ以上の期間を提案することもあり、慎重な検討が求められます。



追加費用と文化適応:

  • 微細を操る:

  • 西洋の一部の国とは異なり、フィリピンでは家賃に光熱費が通常含まれていません。借り主は電気、水道、ガスの費用を負担する責任があります。ペットの所有者にとって、多くの家主がペットを許可していないため、家主のペットポリシーについて尋ねることが重要です。フィリピンでの賃貸は、地元の習慣、料理、天候、交通といったことに慣れていない外国人にとっては、文化的な調整が必要かもしれません。これらの違いを受け入れ、地元の生活様式を尊重することが、スムーズな移行には不可欠です。


メトロマニラ外:

  • より静かな生活様式:

  • メトロマニラの外でより穏やかな生活を求める人にとって、賃貸価格は大幅に下がります。小さい都市や町では、1ベッドルームのアパートが月々約₱5,000から10,000で借りることができ、3ベッドルームのアパートでは月々₱15,000から20,000になります。しかし、これらはあくまで見積もりであり、場所、サイズ、含まれる設備によって価格は変動する可能性があります。


オシャレな都市のコンドミニアムにいる自分を想像しようと、静かな郊外のアパートにいる自分を想像しようと、マニラはあなたのライフスタイルに合った様々な賃貸オプションを提供しています。この冒険に乗り出すにあたり、徹底的なリサーチと自分のニーズを理解し、フィリピンの文化の豊かさを受け入れることが、マニラでの滞在を単なる居住地ではなく、真の帰郷へと変えるでしょう。


References:


閲覧数:14回0件のコメント

コメント


bottom of page