top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

マニラの不動産シーンの7つの側面を探る:都会的な雰囲気の中での成長と課題

更新日:4月16日

Date: April 12, 2024



フィリピンの活発な中心地を旅すると、首都マニラのエネルギッシュな特性を映し出す不動産市場が広がっています。マカティ中央業務地区(CBD)の洗練されたエリアから、フォート・ボニファシオやロックウェル・センターの急速に発展する地域まで、マニラ都市圏の住宅市場は成長と課題が交じり合った魅力的なものとなっています。


  • 高級不動産セクターの順調な拡大: - 1年間で高級住宅の価格が21.2%上がり、マニラの不動産が世界から注目されています。人口1300万以上と国内外からの投資がこの驚くべき成果を支え、マニラは世界の他の46都市よりも先を行っています。



  • マカティCBDが注目を浴びています。 - マカティの中心ビジネス地区(CBD)では、不動産の価格が大きく上昇しており、非常に重要な存在として注目されています。ロックウェル・センターやフォート・ボニファシオのような他の主要なCBDと比較しても、この地区の豪華な3ベッドルームのコンドミニアムは価格が大幅に上がっています。これは、高級住宅地への需要が急速に増えていることを示しています。


  • すでに売られた住宅への安定した興味: - 全国での経済成長が遅くなっているにも関わらず、住宅用の不動産、特にもう売られたコンドミニアムへの需要はまだ強いです。この強さは、海外で働いているフィリピン人からの送金など、いくつかの理由に基づいています。これが、中価格帯や安い価格帯の住宅市場を支えています。



  • 都市部の問題と空き地の増加: - しかし、市場には多くの問題があります。中級の家の供給が多すぎると、価格が手ごろでないことに心配があるため、「ゴーストタウン」と呼ばれる空き家の多い地域があります。さまざまな人々のニーズを満たすためには、繊細なバランスが必要です。


  • 建設活動の急増とその経済への影響: - 2023年の最後の四半期に、フィリピンの経済を引っ張っている大きな力として、急速に成長している建設活動が注目されました。建設業界は、GDPの成長率に8.5%の大きな影響を与え、重要な役割を果たしています。特に、「建設、建設、建設」プログラムと「Pambansang Pabahay para sa Pilipino Housing program (4PH)」が、この分野の発展にとても重要でした。



  • 州の取り組みと続く課題: - 政府の取り組みには、ドゥテルテ大統領の野心的な住宅プログラムも含まれており、低所得家庭の住宅ニーズを軽減することを目指しています。しかし、限られた住宅ローンの選択肢や高い取引費用などの問題が残っており、持続可能な成長を促進するためには、繊細なアプローチが必要です。


  • 国際的な見方: - グローバルな舞台で、マニラの不動産市場は輝いています。多くの国際的な市場を凌駕し、その回復力と投資家への魅力を示しています。特定の部分では顕著な成長を享受していますが、存在する課題は、この分野の多面的な動きを理解するための総合的な戦略が必要であることを強調しています。



マニラの不動産市場が展開されるにつれて、成長と課題の糸で織りなされたダイナミックなタペストリーが明らかになります。多様な地域とインフラを持つこの都市は、機会と複雑さの交差点に位置しています。この活気あるタペストリーの中で、不動産市場の多面的な地形をナビゲートするには、基本的な知識以上のものが必要です。それは、さまざまな要因の微妙な理解を要求します。この複雑なエコシステムの中で、Bed&Go Real Estateのような会社は、支援と指導の灯台として現れます。彼らの専門知識と献身により、マニラの不動産市場の複雑さをナビゲートしようとする個人やビジネスに貴重なサポートを提供します。


住宅用の最適なスペースを見つけること、商業用不動産を確保すること、または投資の機会に没頭することであれ、Bed&Go不動産は顧客の多様なニーズに合わせたソリューションを提供します。マニラが進化し続ける中で、Bed&Go不動産のような企業の役割はますます重要になっています。卓越へのコミットメントと市場ダイナミクスの深い理解により、顧客は強靭で持続可能な未来への道を開くための情報に基づいた決定をすることができます。専門知識とリソースを活用することで、Bed&Go不動産は個人やビジネスがこの絶えず変化する環境で繁栄することを支援し、挑戦を機会に、夢を現実に変えます。


References:





閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page