top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

マニラの不動産改善計画:人口急上昇のフィリピンで成功するための3つの戦略

更新日:4月30日

Date: April 29, 2024



2024年に向けて、マニラの不動産市場は活気に満ちた復活を迎えることが予測されています。これは、住宅市場と商業市場の両方で見られる上昇によるものです。オフィス勤務への復帰が増えるにつれて、オフィススペースと住宅への需要も顕著に増加しています。この再興は、単に空間が埋まるだけでなく、マニラ自体が投資と革新の中心地として、より深く、よりダイナミックに変わるということを意味します。この楽観的な見通しを強調する3つの重要なポイントは以下の通りです:


1. 現場作業と好条件による活性化

  • オンサイトワークに戻る動きが徐々に進んでいることが、マニラの不動産市場を再活性化させています。マカティCBD、オルティガスセンター、フォートボニファシオなどの主要なビジネス地区で、リース活動が活発になっています。2024年の予測では、主にベイエリアで9,620の新しい住宅ユニットが追加されることが示されており、市場の活発な反応を示しています。さらに、金利と住宅ローンの利率が緩和されることにより、プレセール活動が増加し、市場にさらなる活力を注入することが期待されます。また、住宅の空室率も減少傾向を示しており、成長に向けて回復している市場の兆しを示しています。



2. 住宅と商業分野の革新的な展開

  • マニラのオフィスセクターは、前年に空室率が一時的に上昇したにも関わらず、リース活動の再開により迅速に回復すると予想されています。エアビーアンドビーやリゾート、レジャー指向の不動産の開発をメトロマニラ内外で探ることが、開発者に対してますます推奨されています。これは、パンデミック後の「リベンジトラベル」という増加傾向に沿ったものです。さらに、新しい住宅プロジェクトに「スマートリビング」のコンセプトを統合することへの強い推進があり、持続可能で多機能な生活空間への需要が高まっているのに応えています。これらの取り組みは、革新と思慮深い開発を通じて不動産市場を支える戦略的なアプローチを反映しています。


3. 持続可能性とコミュニティ中心の都市開発

  • マニラの進化する不動産の物語の中核には、持続可能で責任ある都市開発への確固たる取り組みがあります。この分野は、環境保全、エネルギー効率の向上、そして地域社会の福祉の促進を目指す革新的な解決策の採用に熱心です。このアプローチには、設計から建設に至るまでのあらゆる側面に持続可能性を統合することが含まれ、見た目が美しい空間だけでなく、地域社会のつながりや帰属意識を育む環境を創出しています。



マニラは成長し、変化し続けていますが、それは文化、アイデア、機会のるつぼになるというビジョンのもとで行われています。都市の不動産部門は、単に物理的な変化を遂げているだけでなく、潜在的な可能性の灯台ともなっており、投資家、開発者、そして住民を引き寄せて、進歩と再生の物語に貢献しています。課題を受け入れ、機会を活用することで、マニラは成長、革新、変革が特徴の未来へと向かっています。これにより、不動産市場の関係者にとって魅力的な環境が整っています。


この進歩の物語は、経済成長を祝うだけでなく、社会的結束、環境管理、そして文化的多様性を強調しています。これにより、マニラは今後の都市開発の取り組みのためのモデル都市となっています。関係者がこの活気ある都市のタペストリーを形作るために集まる中、マニラは希望と繁栄に満ちた未来を迎える準備ができています。







References:




閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page