top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

マニラの不動産賃貸市場の新たな成長と規制の時代を探る

Date: April 16, 2024



フィリピンの人間居住都市開発省(DHSUD)が新しい住宅賃貸料の上限を設けたため、マニラの賃貸市場に直接影響を与えています。2024年1月1日から、1万ペソ以下の住宅物件の家賃は年間で最大4%までの増加しか許されません。この政策の目的は賃貸市場を安定させることで、低所得者家庭に特に利益をもたらし、マニラ全域でより公平な住宅機会を確保することです。


マニラの賃貸市場への地域規制の影響:

  • DHSUDの家賃の値上げ制限は、テナントが経済的な現実を超えるほどの高い家賃上昇から保護するために特別に設計されています。マニラは人口が密集しており、経済的にも多様であるため、この措置は特に影響が大きいです。これにより、都市の人口のより大きな部分にとって住宅が手頃な価格を保つことが保証され、より包括的な都市成長が促進されます。



マニラの安定と成長の見通し

  • 天然の脆弱性や社会経済的な格差にもかかわらず、マニラは強固な経済的健康を示し続けています。国際通貨基金(IMF)は、フィリピンが2023年に6%、2024年に5.8%成長すると予測しており、マニラはその中心的な経済的役割から成長をリードしていることが多いです。マニラの都市部の家庭収入が増加しており、住宅用不動産に焦点を当てた投資家にとって魅力的な市場である可能性を示しています。


ビジネス信頼感指数からの洞察:

  • 経済の好調を反映して、フィリピンのビジネス・コンフィデンス指数(BCI)は42という高いスコアを報告しており、特にマニラのビジネスリーダーたちの間で楽観視されています。これは、市内での投資や開発に適した環境があることを示しており、重要です。マニラで企業が繁栄すると、住宅や商業用不動産への需要が増加し、不動産市場がさらに活性化します。



マニラの賃貸市場における投資の機会:

  • レンタル料金の上限規制により、投資家は自分たちの戦略を再調整する必要があるかもしれません。しかし、この上限規制は安定した、もし控えめながらも、レンタル収入を保証する安定化要因とも見ることができます。この規制により、突然のレンタル市場の変動リスクを軽減することで、投資の予測可能なリターンが約束されるため、より長期的な投資を促進する可能性があります。


  • さらに、マニラの経済が成長し多様化するにつれて、市内の新しい地域が活気ある住宅や商業の中心地として発展しています。これらの地域は、しばしば地元住民と国際住民の両方を引き寄せ、賃貸収益と不動産価値の上昇の両方に資本を投じることを考えている投資家にとって理想的かもしれません。


マニラの不動産状況のナビゲート方法:

  • 外国人投資家と地元の不動産購入者にとって、マニラの規制環境や経済指標を理解することが非常に重要です。ポジティブな経済見通し、強いビジネス信頼、そして安定した賃貸規制の組み合わせが、マニラでの不動産投資にとって有望な状況を作り出しています。進化する都市の風景に合わせた戦略的な投資を行うことで、投資家はマニラの経済成長の軌道を利用してリターンを最大化すると同時に、市の住宅市場の持続可能な発展に貢献することができます。



マニラの賃貸市場は新しい規制の下で進化しており、不動産投資にとって活動的な環境を維持しています。投資家は、保護的な規制枠組みと強固な経済指標の両方を考慮するべきです。経済見通しが良好で、賃貸物件に対する需要が安定している上に成長しているため、マニラは不動産投資に適した場です。新しい賃貸上限にもかかわらず、マニラの不動産市場は投資の機会を多く提供しています。ビジネス分野での高い信頼が示す通り、雇用の増加と可処分所得の高まりにより、住宅需要は増加しています。投資家は、賃貸上限の影響を受けない中〜高級賃貸物件に焦点を当てたり、都市化や商業開発により成長が期待される地域への投資によって、この需要を活用することができます。


Reference: 




閲覧数:4回0件のコメント

댓글


bottom of page