top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

フィリピンと日本の不動産の詳細比較 つのポイント

更新日:5 日前

Date: May 15, 2024


賃貸物件の管理は、各国の独自の文化的背景、経済状況、規制環境によって大きく異なります。このブログでは、フィリピンと日本の賃貸管理の実践の顕著な違いを探り、これらの違いが大家、借主、そして不動産市場全体にどのような影響を与えるかについての洞察を提供します。


フィリピンの賃貸管理の特徴

フィリピンにおける賃貸管理は、非公式な取り決めと家主による個人的な管理が混在しており、それには機会と課題が存在します:



- パーソナライズド・プロパティ・マネジメント: フィリピンでは多くの場合、家主は家事をするスタッフ、一般に「メイド」と呼ばれる人たちに賃貸物件の管理を任せています。これらのスタッフは、掃除や修理、さらには見込みのあるテナントに物件を案内するなど、さまざまな業務を担当します。


- 家具付きユニットの高い割合: フィリピンの賃貸物件の約80%は家具付きで、特に外国人の新しいテナントの移行を大いに楽にします。しかし、この便利さには、頻繁なメンテナンスの問題が伴うことがよくあります。これらの賃貸物件の家具や家電製品は、故障の率が高い傾向にあります。


- 普及している保守の課題: 新しい物件も古い物件もよくメンテナンスの問題に直面します。一般的な問題には、水漏れが頻繁に起こることや、トイレからの下水の逆流などの重大な問題が含まれます。定期的なメンテナンスの必要性は、この地域の不動産管理の重要な側面です。


- テナント関係における文化的ニュアンス: 大家と借主の関係は、個人的で形式的でないことが多いため、管理の仕方があまり整っていないことがありますが、それによってコミュニティ重視の環境が育まれることもあります。



日本の構造化された経営

日本では、物件管理に対する非常に体系的なアプローチが見られます。この体系的なシステムは専門の会社によって支えられており、細部にわたる徹底的な注意が特徴です:


- プロフェッショナルな不動産管理会社: 日本では、不動産の管理を専門の会社が行うことが一般的です。これらの会社は、入居者の管理と物件の維持に高い基準を保つことに専念しています。


- 包括的なテナントサービス: 日本の不動産管理者は、入念な市場調査に基づいて賃貸料を設定し、募集から、賃貸契約の全ての面(更新を含む)を扱うまで、入居者管理のすべての側面に関与しています。


- 効率的な財務管理: 日本の管理会社は家賃を集めるだけでなく、滞納された支払いを追いかけるなど、財務的な義務も積極的に管理します。固定資産税や共益費のような法定支払いも取り扱い、遵守と時間厳守を確保しています。


- メンテナンスと管理サービスのフルセット: 一般的なメンテナンス作業に加えて、日本のマネージャーは、入国手続きに参加したり、広範囲の修理作業を調整したり、物件が非常に清潔でよく維持されていることを確認したりといった追加の責任をしばしば担います。



トレンドと市場のダイナミクス

両国の賃貸市場は、世界経済の動向、観光の変化、およびビジネス旅行者の数の変動に影響を受けています。


- 年々の市場のパフォーマンス:

  - パンデミック前 (2012-2019): 2012年の年間成長率は4.27%から、2019年にはピークの8.26%まで増加しました。

  - パンデミックの影響 (2020-2021): 2020年には1.48%まで急激に減少し、2021年にはわずか0.16%でした。

  - 回復期 (2022-2023): 成長率は2022年に2.03%に回復し、2023年には5.45%に加速しました。



フィリピンと日本の賃貸管理の異なるアプローチを理解することは、不動産業界の関係者にとって重要です。フィリピンはもっと個人的で形式が少ないアプローチを提供していますが、日本は厳格で非常に専門的な管理スタイルで知られています。この比較分析は、それぞれの不動産環境の特徴を浮き彫りにするだけでなく、これらの多様な市場を航行する投資家、駐在員、企業にとってのガイドとしても役立ちます。



閲覧数:5回0件のコメント

Comentarios


bottom of page