top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

マニラ不動産の復活に帆を上げる:有望な成長、活気ある近隣地域、そして都市の更新への道を見つける

更新日:4月17日

Date: March 22, 2024



今年、マニラの不動産市場は好調を見せています!オフィススペースと住宅の両方が大きく増加することが予想されており、2024年には不動産市場のこれらの部分が大きく成長しています。このブーストは、主により多くの人々がオンサイト作業のための居住用と商業用のスペースを見つけているためです。これが、物事がとても良い見通しである大きな理由です。


マニラの不動産市場が今年に向けて準備を進める中で、今後数ヶ月間にわたりマニラの物件を一流の投資オプションとして披露し、現在の年における市場の見通しは希望と潜在性に満ちています。オンサイト勤務の復活、金利の低下、戦略的な都市開発とのシームレスな相互作用は、マニラの物件を具体的な投資選択肢としてだけでなく、活気ある変化を遂げる都市の物語の重要な要素としても提示します。これらの要因が市場に活力を注入し、絶えず変化する経済環境を通じて航行するマニラの不動産セクターの強さと柔軟性を強調するのではないでしょうか?



研究者たちは、地元の従業員が徐々に現地での仕事に戻ることの肯定的な影響を強調しており、これがマカティCBD、オルティガスセンター、フォートボニファシオなどの主要ビジネス地区でのリース活動の増加につながっています。2024年に向けては、特にベイエリアに集中して9,620の新しい住宅ユニットが追加されるという顕著な急増が予測されています。さらに、低下した利息およびモーゲージレートがプレセール需要をさらに後押しすると予想され、不動産市場が活性化される見込みです。第三四半期には、住宅の空室率がわずかに減少し、主要なビジネスハブでのリースの景色が改善されたことを示しています。


昨年第3四半期に一時的に空室率が上昇したオフィスセクターですが、リース活動の再活性化に伴い、迅速に回復することが予想されます。開発者には、メトロマニラ内外でのエアビーアンドビー、リゾート、レジャー指向の不動産への機会を積極的に捉えることが推奨されます。これは、パンデミック後の「リベンジトラベル」への関心が高まっていることに沿った動きです。コリアーズは、開発者に対して戦略的なアプローチを提唱しており、「スマートリビング」の概念を新しい住宅プロジェクトに統合することで、持続可能で、仕事と遊びに優しい生活オプションへの需要が高まっていることに対応することを強調しています。



将来を見据えると、マニラの不動産物語は、継続的な成長、革新、そして変革によって特徴づけられる魅力的な物語として展開します。都市が未来へと進むにつれて、新しいプロジェクトや開発が進むことで、進化するスカイラインに貢献し、都市の風景の中で起こっているダイナミックな変化の視覚的な表現として機能します。しかし、単なる物理的な変化を超えて、より深い物語があります。それは、その住民の集団的な願望、夢、そして野望を反映したものです。


この進行中の旅路において、マニラは単なる地理的な場所としてではなく、生きて呼吸している実体―文化、アイデア、機会のるつぼとして現れます。それは、投資家、開発者、そして居住者を同様に、その活気ある進歩と発展の多彩なテープストリーに参加するよう招きます。現在の年によって提示される課題を乗り越え、機会を掴むにつれて、マニラは約束と潜在能力の灯台として立ち、全ての関係者がその未来を形作る役割を果たすよう招待します。



この物語の中心には、持続可能性と責任ある都市開発への取り組みがあります。マニラの不動産セクターは、環境保全、エネルギー効率の向上、そしてコミュニティの福祉を優先する革新的な解決策と実践を受け入れる準備ができています。設計から建設、さらにその先まで、これらの原則を開発のあらゆる側面に統合することで、私たちは美的にも魅力的な空間を創造するだけでなく、そこに住む人々の間に所属感とつながりを育むことができます。


このダイナミックな風景の中で、マニラはステークホルダーに進歩の物語を受け入れるよう呼びかけます。それは経済成長だけでなく、社会的結束、環境保全、文化的多様性をも祝福する物語です。都市生活のすべての側面の相互接続を認識し、包括的で持続可能で強靱な空間を創造しようとする物語です。


References





閲覧数:15回0件のコメント

Comments


bottom of page