top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

マニラ不動産管理:2024年を乗り越え、未来へ進む5つの方法

Date: May 9, 2024


2024年が始まるにあたり、マニラの不動産業界は成長と革新の光として現れています。強力な回復と持続可能性の取り組みによって推進され、この都市の不動産市場は魅力的な発展の場を設けています。2024年を通じて、そして将来に向けてマニラの不動産管理を形作る主要なトレンドを紹介します:


1. 持続可能な開発への重点:

  • 昨年は、マニラの不動産業界において環境に配慮した開発の先例となりました。2024年が進むにつれて、この傾向はエコフレンドリーで持続可能な生活空間に焦点を当て、勢いを増しています。開発業者は、エコ責任を重視する市場が増える中、先進的な緑の技術をプロジェクトに統合しています。この持続可能性へのシフトは、住宅部門だけでなく、現代のビジネスの要求に応えるために緑の基準を採用するオフィススペースも増えている商業プロパティにも見られます。



2. インフラとアクセスの拡大:

  • マニラの不動産ダイナミクスにおいて、インフラ整備は引き続き重要な要素です。政府の進行中のインフラプロジェクト、特に主要な鉄道システム間の接続を強化する統合中央ターミナルを含むこれらのプロジェクトにより、不動産市場はアクセス向上を経験しています。この開発は、これらのインフラの重要な地点の周辺地域での住宅および商業プロジェクトの広がりを促進し、よりつながりのある効率的な都市風景を推進しています。


3. リゾート風住宅プロジェクトの隆盛:

  • 特に都市部の外では、リゾートテーマの住宅開発に向かう変化が顕著です。このトレンドは、レジャーやリラクゼーションの設備を提供する生活空間を求める都市住民の間で増加している欲求を反映しています。改善されたインフラとともに、これらの開発はさまざまな人々を引きつけており、地元の人々からパンデミック後にフィリピンに戻ってきた外国人に至るまで、彼らは快適さと贅沢さを兼ね備えた生活環境を求めています。



4. 市場の変化する人口統計への適応:

  • マニラの不動産市場は、帰国した駐在員や海外フィリピン人労働者(OFW)など、さまざまな人口層のニーズに適応しています。高級住宅ユニットは、駐在員の間で特に需要が高まっていますが、OFWは手頃な価格の住宅オプションに大きな関心を示しています。この二重の焦点は、物件管理者が高級セグメントと手頃なセグメントの両方に効果的に対応するために、彼らの提供品と戦略を多様化する必要があります。


5. 商業用不動産の需要の変化:

  • オフィススペースの需要は変化しています。特にビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)業界の「品質への移行」戦略によって影響を受けています。ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)、マカティ、オルティガスのような主要な中央ビジネス地区(CBD)は、高品質なスペースと戦略的な立地が好まれています。一方で、コストが低く、効果的な労働力が利用可能であることから、パンガシナンやパラワンなどの開発地域に対する関心が高まっています。



マニラの不動産市場は、持続可能な成長の軌道にあります。エコフレンドリーな生活空間の開発と重要なインフラの進展が特徴です。市場のさまざまなセグメントのニーズに応えるために、高級ユニットから手頃なユニットまで、住宅の選択肢が多様化しています。物件価格の上昇といった課題があるものの、このセクターは回復力と適応性を示しています。不動産管理者と開発者にとって、マニラの進化する不動産市場におけるダイナミックな機会を活用するためには、警戒を怠らず、柔軟であることが重要です。


将来に向けて、持続可能性、技術の進歩、戦略的なインフラ開発の継続的な統合は、間違いなくマニラの堅固な不動産セクターを形成する上で重要な役割を果たすでしょう。これらの要因は、生活と働く環境を向上させるだけでなく、地域の広範な経済の安定と成長にも寄与します。








参考文献:





閲覧数:2回0件のコメント

Comentarios


bottom of page