top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

今後のフィリピン不動産投資、住居について知りたい!~フィリピン・マニラの不動産市場はどのように変化している?~

Date: December 21, 2023



海外で不動産投資を行うなら、その土地は今後値上がりするのか、きちんと見極めてから投資を始めたいですよね。海外での投資と聞くと危なく感じる方もいらっしゃると思いますが、むしろ市場動向をしっかりと捉えられれば日本で不動産投資を行うよりもローコストで確実な投資が行えることもあります。また、今後住居の購入や賃貸を考えている方にとっても、コストや規制、現在の慣行について十分な情報を得た上で家を決めるべきでしょう。


まずは、近年の傾向から分析しましょう。2021年頃のマニラ首都圏では、高級志向がひと段落し、手頃な賃貸住宅への需要が復活しました。この傾向は、コロナウィルスの拡大がひと段落し、オンラインワークがオフィスに戻ったことで職場に近い場所を求めたり、より柔軟なスケジュールに適応する需要が高まった事で顕著になりました。


また、2021年第1四半期は、購入物件と賃貸物件の引き合いがほぼ同数であり、パンデミックの影響を受けた求職者の優先順位の変化を示しています。コロナ渦による封鎖期間は、特にレジャーや観光セクターのテナントに困難をもたらし、その結果、空室が増加し、賃貸料が低下しました。しかし、賃貸料軽減プログラムや段階的な事業再開といった政府の取り組みにより、徐々に回復が見られました。



しかし、賃貸料の上下に関わらず、特に首都圏を拠点としない個人や、自分の不動産に投資する準備ができていない人にとって、すぐに利用できる選択肢であり続けています。パンデミック時の高密度スペースでの共同生活に対する懸念から、不動産販売業者は、学習・仕事場、レジャー施設、最新の安全対策などのアメニティを活用し、物件の魅力を引き上げています。


また、パンデミックはデジタル・プラットフォームの導入を加速させ、安全性の観点からオンライン取引がより身近になりました。バーチャル・ツアーをはじめとする技術の進歩によって物件の内覧プロセスは一変し、潜在的な借主が遠隔地から物件を探索できるようにしました。この新しい体験型サービスは、物件の詳細な状況を提供し、実際に訪問することなく、情報に基づいた意思決定を促進する事ができる面でとても有用です。


さらに、デジタル決済システムの統合は、賃貸取引に革命をもたらしました。家主と不動産管理者は、オンラインで家賃の支払いを受け付けることができるようになり、双方にとってより迅速で便利なプロセスが実現したのです。これらのシステムはまた、安全で追跡可能な取引記録を提供し、支払いに関する紛争のリスクを軽減します。一部のプラットフォームでは、自動支払い機能も提供されており、大家が時間通りに家賃を受け取ることを保証できるようになりました。



このように、進化する賃貸市場で成功するためには、関係者は常に市場動向を把握し、それに応じて戦略を適応させる必要があります。そのためには、テクノロジーを活用して潜在的なテナントにリーチしたり、柔軟な賃貸条件を提示したり、マニラやセブなど都市化率の高い地域の物件に投資すべきと言えるでしょう。


今後、賃貸料はプラス成長すると予測されているため、家主や不動産管理者はこのトレンドを活用する準備をする必要があります。そのためには、賃貸価格の見直し、より高い賃料を得るための物件機能の強化、あるいは進化し続ける賃貸環境の中で高まる需要に対応するためのポートフォリオの拡大が必要になる事でしょう。


References:


閲覧数:5回0件のコメント

コメント


bottom of page