• 石橋 正義

売買にはどんな書類が必要なの?(フィリピン物件購入初心者編②)

最終更新: 6月1日

フィリピンで物件購入するときに、必要書類で戸惑わないように、事前に何を用意すべきかわかると安心ですね。 本日は、プレセールの物件をデベロッパーから購入する場合とプレセール中で再販物件を購入する場合の必要な書類について説明します。

プレセールと既に権利書が出ている物件で必要な書類が異なりますので注意が必要です。


プレセールで必要な書類など

1 デベロッパーから購入する場合

購入者が用意するもの

・購入者の情報シート

・パスポート

・予約金(25,000−50,000ペソ)

その後、以下の書類がデベロッパーより用意されます。

・売買契約書 CONTRACT TO SELL(CTS OR CTBS), DEED OF ABSOLUTE SALE(DOAS)

・権利書(Condominium Certificate of Title)


2 リセール(再販)物件を購入する場合

売主様に確認するもの

・売買契約書 CONTRACT TO SELL(CTS OR CTBS)

購入者が用意するもの

・パスポート

・予約金(売主様に対して)

・ASSIGNMENT FEE (デベロッパーに対して)

その後、以下の書類がデベロッパーより用意されます。

・DEED OF ASSIGNMENT (DOA)

・DEED OF ABSOLUTE SALE (DOAS)

・権利書 Condominium Certificate of Title (CCT)


ご不明な点ございましたら、お気軽にお問合せ願います。次回のブログでは既に権利書が出ている物件の売買に必要な書類を紹介します。



47回の閲覧

最新記事

すべて表示

不動産賃貸時に知っておくと得な5つのコツ

1.家賃は一括支払いがお得 一年分一括支払いすることによって5~10%位安くなることがあります。資金に余裕があれば一括支払いでベストプライスを獲得しましょう。 2.追加家具の依頼は一番最初に 希望の電化製品や家具の追加購入は家賃交渉時であれば、受けれ入れてもらい易いです。値引き交渉の代わりに追加の電化製品や家具を依頼することもありです。 3.不動産検索は約1カ月前がベスト 契約開始日が1カ月以上先

+63 2 8256 9633 

Room 400 VGP Center, 6772 Ayala Ave., Makati City, Philippines 1226

©2019 by Bed&Go Inc.