top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

フィリピンの成長を最大限活用したマニラ不動産投資の5つのポイント 2024年版

更新日:4月30日

Date: April 26, 2024



マニラの不動産市場は、世界的に際立った成績を収めており、豪華な住宅価値の成長で他の有名な都市を上回っています。2023年には、マニラの高級不動産市場で前年比21.2%の物件価値の増加が見られました。この強力な成長は、マニラをドバイや上海よりも上に位置づけるだけでなく、全世界で住宅価格が2.1%程度しか上がらない中、フィリピン全体の不動産セクターの可能性を浮き彫りにしました。


2024年に入るにつれて、マニラはいくつかの重要な要因によって投資家の注目を集め続けています。これらの要因は、マニラの不動産市場に投資する際の見通しと課題を再定義する可能性があります。ここでは、マニラの不動産市場に投資する上での5つの重要なポイントを紹介します。



1. "インフラ開発が成長を牽引": フィリピン政府は、全国にわたる194の大規模プロジェクトに1600億ドルを投資することで、インフラの強化への取り組みを継続しています。特に、メトロ・マニラは、ケソン市にあるセントラルターミナルやMRT-7といった重要なプロジェクトの恩恵を受けており、これらは地域の交通の連結性を向上させ、隣接地域の不動産価値を高めることが期待されています。これらの開発は、2024年のマニラ不動産ブームの舞台を整える上で重要な役割を果たしています。


2. 高級品とビジネス分野からの需要急増: 高級住宅ユニットの需要は、帰国した駐在員やビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)業界からのビジネスの成長によって急増しています。この再浮上により、開発者は高級ユニットの建設を増やしており、価格は1平方メートルあたり最大75万ペソに達しています。同様に、オフィススペースも大きな需要の増加が予想されており、30万平方メートルの利用が見込まれています。これは、主要なビジネス地区におけるBPOのビジネス信頼感と品質への移行のトレンドを示しています。



3. "OFWたちの手頃な価格を維持する課題": 市場が盛況な中で、開発者は海外フィリピン人労働者(OFW)に手頃な価格の物件を提供するという課題に直面しています。このグループの物件所有への関心は顕著に増加していますが、不動産価格の上昇は、この重要な購入層を市場から締め出すリスクを持っています。彼らが求める物件の価格は250万ペソから700万ペソの間です。


4. 小売業とホスピタリティ業界の復活: 小売りとホスピタリティー業界は、国の強力なGDP成長やマニラ地下鉄のような改善されたインフラに支えられて、ポジティブな方向転換を遂げる見込みです。政府のフィリピンを主要なMICE(ミーティング、インセンティブ、コンベンション、エキシビション)の目的地として促進する取り組みや、観光客の徐々の戻りが、これらのセクターを活性化させ、投資対象として魅力的にしています。


5. 政府の支援と好ましい投資環境: 政府が外国ブランドの進出を容易にするために取った積極的な措置は、投資環境を向上させています。この規制緩和は、好ましい経済環境と組み合わされ、2024年をマニラの不動産市場を探索する投資家にとって好機の年にします。



マニラの不動産市場に興味を持つ投資家は、情報を入念に調査し、可能であれば業界の専門家と相談することで、的確な判断をすることが重要です。市場は潜在的な可能性に満ちていますが、リターンを最大化し、リスクを最小限に抑えるためには注意深く検討する必要があります。これらの機会を活用したい人々には、Bed&Go Real Estateのようなプラットフォームが貴重な情報を提供しています。彼らは物件検索のための使いやすいインターフェースを提供し、プロのアドバイスやカスタマーサポートをバックアップしており、投資家が市場を効果的に航行し、競争が激化する前に潜在的な投資の宝石を発見できるようサポートしています。


参考文献:




閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page