top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

持続可能な不動産管理はマニラの不動産でも可能なのか?

Date: January 16, 2024



近年、持続可能性は業界全体の流行語となっており、マニラの不動産管理セクターも例外ではない。しかし、不動産の領域における持続可能性とは、環境保全のみを意味するものではなく、社会的・経済的側面にも影響を及ぼすものである。持続可能な不動産管理とは、環境、社会、経済へのより広い影響を考慮し、建物の運用・保守段階においてグリーンビルディングを実践することである。目標は、経済発展と環境・社会資源の保全の間で調和のとれたバランスをとることである。


サステナビリティが重要な理由 三位一体のアプローチ

  • 建物の運用が世界の二酸化炭素排出量に大きく寄与する中、持続可能な不動産管理は重要性を増している。2019年には、エネルギーに関連する世界のCO2排出量の28%をビル事業が占め、歴史的な高水準となった(国連環境計画、2020年)。特に、住宅と非住宅の建物は、単一産業としては最大のエネルギー使用量とCO2排出量を占めている。このような環境問題への取り組みは、負の外部性を減らすだけでなく、社会的・経済的な利益ももたらします。環境、社会、経済の3つの持続可能な領域が交差する中、持続可能な不動産管理は、これらの領域が相互に関連していることを示している。例えば、二酸化炭素の排出量を減らす努力は、同時にエネルギーコストと水道コストを下げ、より健康的な室内環境を提供することができる。エコロジカルな持続可能性に主眼が置かれているとはいえ、経済的・社会的側面も相互依存性を考えれば見逃すことはできない。



テクノロジーの役割 環境に優しい明日のためのスマート・ソリューション

  • 持続可能な不動産管理を進める上で、テクノロジーは極めて重要な役割を果たしている。ENERGY STAR Portfolio Manager、LEED、および BREEAM などのツールは、類似物件とのベンチマークを容易にし、改善のための領域を特定する。技術の進歩によって可能になったスマートビルは、リアルタイムのセンサーを利用してビルシステムをリンクし、効率を高めて運営コストを削減する。こうした技術革新は、環境の持続可能性に貢献するだけでなく、建物全体の性能を向上させる。


地平線上の課題 懐疑論への対応と障壁の克服

  • 持続可能な慣行の導入は大きく進展しているものの、障壁は依然として存在する。人為的な気候変動に懐疑的で、持続可能な不動産管理は無関係だと考える人もいる。ビルの所有者や管理者は、持続可能な機能に対する消費者の需要を疑問視し、事業計画における優先順位の欠如につながる可能性がある。実際よりも環境に配慮した物件であるかのように見せるグリーンウォッシングは、本物の持続可能性への取り組みをさらに損なう可能性がある。



行動を起こす 持続可能な不動産経営を成功させるための戦略

  • 持続可能な不動産管理を実施するには、包括的なアプローチが必要である。十分なリソースの割り当て、協力体制の育成、トレーニングの提供、環境に配慮した方針の確立などが重要なステップとなる。ツールや指標を用いて進捗状況を継続的に追跡することで、説明責任を果たし、改善すべき分野を特定することができる。ステークホルダーからのフィードバックを収集し、成果を業界全体で共有することは、持続可能な慣行への集団的コミットメントに貢献する。

持続可能な不動産管理は、ステークホルダーからの持続可能性への要求の高まりに応えるべく進化している。技術の進歩に伴い、持続可能な取り組みの進捗状況に関する定量化可能なデータも入手しやすくなっている。しかし、持続可能な建築手法の持続的な成長のためには、懐疑論やグリーンウォッシングなどの障壁に対処する必要がある。このように進化する状況の中で、持続可能な不動産管理は、経済的成功と環境的・社会的責任が共存する未来へと不動産業界を導く道標として立ちはだかる。


REFERENCE:

閲覧数:5回0件のコメント
bottom of page