• bedandgoinc

資産と不動産について:あなたが不動産に投資するべきの4つ理由

住宅、コンドミニアム等の不動産への投資をお考えですか?

本日は、あなたが不動産に投資することにより、発生する利益についてお伝えするとともに、不動産投資が生涯にわたって選択するべき投資となる理由をご紹介いたします。


投資家にとって、不動産は常に注目をされ、健全で耐久性のある投資です。

不動産市場は長年に渡り安定して成長する業界として位置づけられている為、時の試練を乗り切るための資産としてポートフォリオの重要な一部とされています。


住宅や土地の高騰、インフレ、コロナ禍の中での景気後退、景気後退にもかかわらず、不動産市場は過去の市場実績から観ると、常に上昇を続けていることが証明されています。そして、その需要は、業界の回復力、都市化の進展、人口の増加、および仕事と家庭の在り方変化により、増加し続けているため、不動産の需要は絶え間なく増加しています。


さて、このブログでは、さまざまな種類の不動産、その利点、およびそれらに投資するべき理由と、利益を得る方法について解説します。もしあなたが、不動産投資初心者だったとしても、このコロナ禍こそ、まさに不動産に投資することが絶好の機会であることの多くの理由についてわかり易く説明します。



一般的な不動産投資とはどのような投資でしょうか?


不動産は有形資産であるため、多くの投資家に好まれます。しかし、不動産は、多くの人に一般的に知られているように、家やコンドミニアムを所有または賃貸するだけではありません。ここでは、投資目標を設定するのに役立つために、不動産投資の種類を紹介します。


住宅用不動産:住宅、アパート、コンドミニアムは、家族、特に拡大する中産階級、新婚夫婦、学生、およびサラリーマンにとって最も人気のあるタイプの不動産の1つです。特に新婚夫婦の方であれば、生涯に渡り利用価値が多く、住宅用不動産が特にお勧めです。


商業用不動産:事業運営(BPOや銀行など)および集合住宅、ビルおよびオフィススペース、小売店、ホテルなどのサービスを支える不動産を指します。このタイプの物件は、主に賃貸利益から収益を生み出します。たとえば、ショッピングモールにある衣料品店もこれに含みます。


工業用不動産:生産工場、組立工場、倉庫等、製造や研究開発を目的とした施設、およびロジスティクスと流通に関連するビジネスに対応するのに適した土地、建物、スペースがこのカテゴリに属します。


未開発地:まだ開発されていないか、農場、牧場、その他の種類の農地など、既存の構造がまだない、広大な土地です。


不動産投資信託(REIT):前述のタイプよりも大幅に安価に投資を始められるREITは、個人投資家にとって最高の不動産投資とも言えます。 REITは、不動産市場に参入するために何百万ペソもの資産を持っている必要はなく、オンラインの証券会社や取引所で証券売買できる株式や上場投資信託ETFと同じように機能します。 REITの株式を所有することのもう一つの良い点は、積極的に管理することなく、配当金の支払いを通じて収入を得ることです。


今すぐ投資するべき理由はたくさんあります!

株式、投資信託、ETF、その他の投資と同様に、投資初心者の人も不動産市場への投資によってもたらされるメリットに魅了されるでしょう。それぞれのタイプの不動産物件は、それがどのように利用され、不動産を求める人や投資家によって正しく戦略化されるかに応じて、いくらのキャッシュフローを生み出すかが変わってきます。



1.価格の上昇、時間経過とともに着実な価格上昇が期待


不動産で稼ぐ主な方法は、売買によるものですが、経済の浮き沈みに耐えることができ、信頼性が高く、確実な市場増加の歴史にも裏付けられ、選択した土地や財産の資本増価により、時には投資額の数倍になる可能性もあります。従来の購入、保持、売却の一連の取引により、投資家は不動産から莫大なお金を稼ぐことができます。長期間、たとえば数十年にわたって保有されている不動産は、インフレによって目覚ましい価値の上昇が見られるため、長期にわたるインフレに対する堅実なヘッジになります。


不動産価値の評価に影響を与えるさまざまな要因を一目見れば、不動産所有の有利な点を理解するのに役立ちます。 「投資家はどのような種類の不動産を好みますか?」その答えをみてみましょう。


まず、もちろん、そのような不動産の近隣は、生活水準の観点から質の高い場所に位置する必要があります。選ばれる、また注目される物件は、学校、オフィス、またはビジネス地区にアクセスしやすい場所が、不動産投資家や利用者に非常に好まれます。

ショッピングモール、幹線道路、交通ハブ、病院、警察署、市場や商業センター近隣も同様です。このようなアクセスの良さは、不動産投資家、特に住宅用不動産を求める人に便利な立地を提供します。


これらに加えて、不動産投資家、特に大規模な投資家は、この地域の経済見通しと商業マスタープランに目を光らせています。経済の中心地や都会の中心となるエリアに建てられた物件は、近い将来、その価値がプラス成長するでしょう。観光地の近くにある物件も投資家にとって魅力的な資産です。


さらに重要なことに、投資家はほとんどの場合、不動産開発業者の評判を重視しています。優れていないとしても評判の良い、業界での実績を確立している不動産会社/企業は、プロジェクトでより多くの需要を引き出すことができ、はるかに大きな利点があります。



2.安定したキャッシュフロー、お金を稼ぐための複数の方法


賃貸収入:家主がテナントから定期的に賃貸料を徴収(月次、四半期、または年次ベース)して収入を生み出す場合やAirbnbのように、一時的な観光客のための民泊運用して得る収入の場合があります。今日、マンションやアパートの賃貸需要の増加傾向は、とりわけ中所得層の家族や余裕のある独身者が大都市圏で便利な場所を探していることから来ています。

インフレに対しては、土地や不動産の所有者はインフレ率に応じてテナントの賃貸料を引き上げることができ、その結果、時間の経過とともにより高い賃貸収入を得ることができます。


フリッピング:投資家や不動産業者が住宅やマンションなどで過小評価されている不動産を購入し、リフォームや利用用途の変更を行って、高い価格で販売し、利益を得る手法です。


REITS:前述のように、個人投資家は、不動産会社が提供する配当金の支払いと、REITの株式価値の値上げから利益を得ることができます。配当金は、会社の余剰利益または収入を生み出す資産や資産から得た準備金から投資家や株主に支払われる金額の合計です。これは、現物不動産よりも比較的流動性の高い追加の収入源を望む新規投資家にとって、賢明な選択と思われます。


付属的利益:これは不動産でお金を稼ぐ別の方法であり、賃貸収入自体とは別に、他の提供された製品またはサービスから追加の収入を得ることができます。これには、駐車料金やオフィスビルの自動販売機、アパートやコンドミニアムのランドリーショップなどの不動産内のミニビジネスが含まれ、どちらも土地所有者に追加の利益をもたらします。



3.多様化


有形固定資産である不動産投資は、一般的に、株式のパフォーマンスと比較して、市場価格の点でボラティリティ(変動率)が低くなっています。したがって、これは、経済市場が乱高下した場合や一般的なインフレを経験した場合にも投資ポートフォリオを保護し、安定したパフォーマンスを提供できるため、資産のバスケットに追加するのに適しています。



4.自己実用性


不動産投資は、他人に貸し出すことはもちろん、それを自分の用途に利用することによって最大化することもできます。ここでは、価値の評価を得ながら、自分の財産に住むようになると、その価値を享受できるという利点が得られます。あなたはしばらくそこに住むことを選ぶかもしれません、そしてあなたがすぐに別の財産を購入する機会があったときに、それを売るか、それを担保にお金を借りることを選ぶかもしれません。さらに、不動産の購入時は、私たちが家のような、長期間、たとえば数十年にわたって所有できる不動産を選ぶべきであることもこの利点を考慮する要因となります。


不動産に投資する際のいくつかの注意点…

不動産に投資する前に、チェックリストのいくつかの項目を留意する必要があります。この業界は、安定した業績にもかかわらず、依然として独自のリスクを抱えているためです。第一に、不動産投資は他の投資商品ほど流動的ではありません。つまり、損益分岐点や純利益の達成などに時間がかかる可能性があるため、不動産を簡単に売却することはできません。

あなたは所有不動産をその市場価格より下で売ることになる可能性が常あります。


物件の構造はオーナーの責任であるため、管理上の問題も最重要事項です。特に、ユニット内での損害や支払いの遅延で悪名高いテナントに対処する場合などです。土地所有者にとってコストがかかりすぎる可能性のある高い空室率やそれに伴う法的責任などの他の関連する問題も、賃貸および不動産事業に参入する前に考慮すべき事項です。


不動産は現金を多用する投資対象であるため、このタイプの投資に参入するためには、事前に準備できる資金額を評価することが最初のステップになるはずです。頭金とその後の分割払いを支払う余裕はありますか?あなたはどのくらいの現金準備をしますか?


予期せぬ費用のかかるイベントが発生した場合、急な現金が必要になったときのセーフティネットまたは緊急資金を持っていますか?ユニットがまだ空いているときに、月々の費用をカバーし、ローンを支払うことにどれくらい耐えることができますか?


それは物理的な資産であり、資産の取得、維持、および改善に必要な金額の規模を想像してみてください。黄金律が言うように、現実的な予算を設定することは大いに役立つことになります、あなたが万が一失っても大丈夫な、余裕資金で投資をしてください。


とりわけ、投資するさまざまなタイプの不動産を調査して比較することにより、まず地元の不動産市場を調査します。市場の変化に関しては、不動産ブローカーやエージェントに相談して、より深い知識を得ることを検討してください。あなたの投資選択を広げて、それらの品質を比較するためにオンラインで情報収集を徹底的に行ってください。


パンデミックにもかかわらず不動産投資を進めるもう一つの正当な理由

現在のロックダウンとニューノーマルの生活にもかかわらず、不動産アナリストは、コロナ禍の中で、不動産市場が長期的に安定していることから、依然として前向きな見通しを見ています。特に都市部ビジネス地区の不動産に対する長期的で継続的な賃貸需要が見られるため、この危機の間も不動産投資は依然として強気です。


第一にパンデミックの最中に不動産市場に参入したばかりの投資家は、たとえば、多くの不動産投資家や購入者にとってより手頃な価格で提供されている住宅ユニットの事前販売を目の当たりにする等でお得な情報を目にする機会が増えるでしょう。パンデミックの間は不動産価格は高騰しなかったため、パンデミックが終われば、大きな価格上昇の可能性があるでしょう。


第二に、パンデミック時のローンの利用可能性と借入の条件について話すとき、金融機関はより寛大になりました。


市場サイクルは、過去のチャートに見られるように、市場の不況または危機の後、経済は常に回復に向かうことを示しています。したがって、コロナ後の市場は間違いなく今日の不動産の価格上昇を見るでしょう。


首都圏にはまだ開発中のビジネスや商業の中心地がたくさんあり、将来的には都市部ビジネス地区の近くにマンションや住宅の大きな需要の機会をもたらします。


総括

何よりも、不動産は依然として最も耐久性があり、実績のある投資資産の1つであり、長期的な視野とポートフォリオの多様化において誰もが考慮する必要があります。あなたが不動産物件から得ることができる着実な利益とは、時間の経過とともに、あなたに個人的な富を築き、それはあなたの子供たちに受け継がれる可能性があります。ただし、リスクに関しても常に考慮しなければなりません。投資とは常にリスクが伴います。リスクを最小限に抑えるために、不動産投資の長所と短所の両方を比較し、常に市場価格を基にした試算を十分に行い、投資対象を評価してください。

Happy Investment!



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示