top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

2024年にマニラの不動産投資を行うのに適切なタイミングかを知るために必要な7つのポイント

更新日:3月27日

Date: March 26, 2023



フィリピンでの不動産投資への参入を考慮する際、タイミングの問題は決定を下す上で重要な要素としてしばしば浮上します。地元の不動産市場では、意見が分かれており、経験豊富なエージェントの中には、すぐに投資を始めることを推奨する人もいれば、慎重に時を待つよう助言する人もいます。あなたの意思決定プロセスを導くための包括的な洞察を提供するために、マニラの不動産市場が現在どのような状況にあるかを探求しましょう。現状を理解することで、活気に満ちた大都市での不動産気候を定義するニュアンスやダイナミクスをより良く航海することができます。


  • 市場の安定:マニラは現在、脆弱性と不安定性に直面しており、フラジャイル・ステート・インデックスでは80.5と低いスコアを記録しています。自然災害への感受性、資源の限界、社会経済的な格差、そして政治的不安定の歴史などの要因が、国の不安定な状態に寄与しています。これは、フィリピンでの不動産購入を検討する際には慎重さが求められることを示唆しています。

  • 経済見通し:経済面では、フィリピンは大きな成長を経験すると予測されています。IMFは2023年に6%、2024年に5.8%の成長率を予測しており、この拡大を強力な消費者需要、堅調な労働市場、増加した送金によるものとしています。国の経済は、次の5年間で27.5%成長すると見込まれており、投資家が低い不動産コストを活用し、価値上昇から利益を得る潜在的な機会を提供しています。


  • ビジネス信頼感:ビジネス・コンフィデンス・インデックスは現在、堅調な42を記録しており、これはフィリピンのビジネスリーダーたちの経済に対する揺るぎない信頼を反映しています。ビジネスフレンドリーな政策によって駆動されるこの楽観主義は、増加する雇用機会とより高い所得を伴う活況を呈する経済を示唆しています。この肯定的な感情は、賃貸収入を得ることや、物件価値の上昇を目の当たりにする可能性を持つ不動産投資家にとって有利な環境を作り出しています。


  • 建設許可が急増:フィリピンでの建築許可証の急増は、昨年に66.1%上昇したことから、不動産市場への信頼を示しています。これは不動産セクターの成長を示唆している一方で、住宅供給の増加につながり、2024年には住宅価格が下落する可能性もあります。



  • 停滞する不動産価格:過去5年間で住宅価格が13.4%上昇したにもかかわらず、フィリピンでは現在、不動産価格の停滞が見られます。この傾向は、即時の価値上昇の可能性について疑問を投げかけ、慎重な検討が必要であることを強調しています。

  • 人口とGDPの成長:過去5年間で1人当たりのGDPが2.6%増加したことにより、フィリピンの人々は少しずつ豊かになっています。これに加えて、人口が増加しているため、特にマニラ、セブ、ダバオ市のような都市での賃貸物件への需要が高まる可能性があります。



  • 賃貸収益とインフレ:フィリピンの賃貸収益率は現在、1.6%から4.3%の範囲であり、これは中程度の収入ポテンシャルを示しています。しかし、不動産供給の増加予測とインフレの上昇は、物件の手頃な価格と賃貸料金に影響を与える可能性があり、投資家はこれらの要因を慎重に検討する必要があります。


予測される経済成長とビジネスの信頼感は前向きな指標である一方で、政治的安定性、市場の動き、規制環境といった複数の要因の組み合わせは慎重な検討を要求します。建築許可証の増加と人々の財政状態の改善は不動産活動の増加に寄与するかもしれませんが、供給過多と需要の不均衡は市場の動きに影響を与える可能性があります。停滞する物件価格と平均的な賃貸収益率の中立的な信号は、2024年にマニラでの不動産投資に踏み出す前に慎重な意思決定が求められる、国の脆弱な状態を示しています。


References:


閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page