top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

2024年に向けて、マニラの不動産市場における持続可能な生活空間は準備ができていますか?

Date: April 1, 2024



2024年に入るにつれて、マニラの不動産市場は進化を続け、持続可能性が開発の取り組みの最前線に立っています。2023年の成功を基に、特にマニラにおけるフィリピンの不動産市場は魅力的な地位を再確認し、今年は興奮するトレンドと機会を約束しています。特に、マニラの高級住宅市場は顕著な成長を遂げ、グローバルな競争相手を凌駕し、不動産セクターの肯定的な軌跡を示しています。


マニラの持続可能な不動産プロジェクト


2023年の勢いが、持続可能な生活空間が2024年に中心的な役割を果たすための舞台を整えました。注目すべきプロジェクトは、開発者がエコフレンドリーな住宅への高まる需要を満たすために、最先端のグリーンテクノロジーを統合している方法を示しています。これらのプロジェクトは、より持続可能な環境に貢献するだけでなく、グリーナーな生活への世界的な推進とも一致しています。


持続可能なオフィス空間の台頭


持続可能な居住空間の成長と並行して、マニラのオフィスセクターは持続可能な職場への需要が急増しています。2024年には30万平方メートルの純吸収量が見込まれ、マニラは環境に配慮したオフィススペースのハブになりつつあります。開発者は、法律、エンジニアリング、政府機関、柔軟なワークスペースのオペレーターを含むさまざまな占有者の持続可能性への取り組みに応え、第二及び第三層の都市での機会を探求するよう促されています。



メトロマニラを超える住宅開発


2024年に9,620の新しいコンドミニアムユニットが供給される予定であり、その大部分がメトロマニラのベイエリアに集中していることは、住宅セクターの堅調な成長を反映しています。さらに、メトロマニラ外のリゾートテーマのプロジェクトへの傾向が移り変わり、住宅開発へのより多様で持続可能なアプローチを促進しています。この動きは、進行中のインフラプロジェクトによってもたらされるアクセスの向上と一致しています。


進行中のインフラプロジェクト


政府が194のインフラストラクチャ旗艦プロジェクトへの投資は、ノースEDSAの統一セントラルターミナルのような接続性を向上させ、不動産成長を促進しています。



拡大する住宅提供


新しい交通システムの導入により、駅近くの住宅地の魅力が高まっており、メトロマニラの外側では、リゾートのような横方向の開発へとシフトしています。


在外国人が市場に再参入


COVID-19制限の緩和に伴い、ビジネスは通常運営に戻りつつあります。これには、フィリピンに戻ってくる駐在員の流入も含まれています。この復活は、駐在員が1平方メートルあたり670,000ペソから750,000ペソの範囲の物件を探していることで明らかな、プレミアムユニットへの需要の増加に現れています。


不動産市場における課題


成長にも関わらず、不動産セクターは、手頃な住宅オプションに関心が高い海外在住のフィリピン人労働者(OFW)に影響を与えるような価格の上昇といった課題に直面しています。


2024年のオフィス空間のトレンド


2024年は、オフィスやホテルのスペースへの需要が高まり、2023年から80,000平方メートル増の、予想される取り込み面積が300,000平方メートルに達すると見込まれています。



高品質なオフィス選択肢への需要


BPOが質の高いオフィススペースを求めている中、より安全でコスト効率の良い選択肢としてCBD(中央業務地区)を注目しています。これが主要地域でのオフィススペース需要に影響を与えています。


注目の新興都市


パンガシナンやパラワンのような地方は、メトロ・マニラを越えた都市のデジタル化と一致して、低コストの労働力で魅力的になってきています。


賃貸料と空室率のシーソーゲーム


CBDは隆盛を極めていますが、ベイエリアのような地域では、規制の変更やビジネスの移り変わりの影響を受けて、賃貸料の変動や空室率の上昇に直面しています。



結論として、2024年のマニラの不動産市場は、エコフレンドリーな生活空間、インフラ開発の増加、さまざまな住宅供給の多様化により、持続可能な成長に向けて準備が整っています。不動産価格の上昇といった課題に対処されており、市場は外国人駐在員、海外就労者(OFW)、およびビジネスの進化する需要に適応しています。開発者や関係者は、フィリピンのダイナミックな不動産景観に対応するために、警戒を怠らず、柔軟に対応するべきです。


References: 


閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page