top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

2024年は不動産ブームの予感?マニラ・プロパティ・マネジメントの新たな可能性を探る5つの展望

更新日:1月31日

Date: January 30, 2024



2024年、マニラ不動産管理のダイナミックな展望に足を踏み入れるにあたり、不動産セクターは大きな成長と変革の時を迎えている。今年の戦略的提言は、良好な住宅ローン金利、明るい予測、不動産価値の上昇を背景に、住宅購入希望者にとって絶好の機会となることを示唆している。COVID-19の大流行がもたらした難題の余波を受け、不動産市場は復活の兆しを見せており、買い手と売り手の双方に有望な環境を提供している。マニラの不動産市場を形成している現在のトレンドを掘り下げ、将来の成長の見通しを探り、2024年の住宅購入の心強い見通しを理解しよう。


マニラ不動産市場の最新動向

1.郊外へのシフト: フィリピン人が大都市から郊外に移り住む傾向は、パンデミックが長期化したことによって拍車がかかり、勢いを増している。この移住の背景には、より手頃な価格の住宅、静かなライフスタイル、きれいで新鮮な空気に対する価値観の高まりがある。郊外は現在、ペースの速い都市環境に代わる魅力的な選択肢を提供しており、経済的な不確実性に直面する中で、予算に見合った住宅オプションが特に魅力的になっている。経済的な問題だけでなく、この動きは、より静かで健康的な生活スタイルへのより広い社会的なシフトを反映しており、郊外は、パンデミック後の風景で人気の隠れ家として位置づけられている。



2. デジタルトランスフォーメーション: 世界的なパンデミックの中、不動産業界は大きなデジタル変革期を迎えている。不動産取引の伝統的なパラダイムは加速度的に再構築され、デジタル・ツールやプラットフォームへのシフトが顕著になっている。かつては補助的なものであったオンライン検索は、今や物件探索の要となり、購入希望者に利用可能な選択肢を包括的に提供するようになっている。バーチャル・ツアーは極めて重要な要素として登場し、購入希望者が自宅に居ながらにして物件を探索できる、没入感のある便利な方法を提供している。このようなデジタル技術のダイナミックな導入は、逆境に直面する不動産業界の回復力を反映しているだけでなく、進化する消費者ニーズに応える事を可能にする。不動産業界は、このデジタル革命によって再定義されつつあり、買い手と売り手の双方にシームレスで効率的な体験を保証する上で、適応性と革新性が最も重要な時代を迎えている。


3. 不動産価格の上昇: 当初の混乱にもかかわらず、不動産市場は堅調な不動産価格の上昇を目の当たりにしている。この上昇基調は、低金利と住宅価格上昇の組み合わせに煽られた旺盛な買い手需要に起因している。外的要因による困難にもかかわらず、市場は驚異的な回復力を示しており、その適応能力と繁栄が実証されている。現在のシナリオは、有利な経済状況の収束が不動産価格の継続的な上昇を後押ししており、価値ある投資対象としての不動産の永続的な魅力を強調している。



将来の成長への展望:

1. 顧客の好み: 住宅用不動産に対するフィリピン人の根強い嗜好は、依然として市場の需要を牽引している。都市化と人口増加が進むにつれて、住宅需要は大幅に増加している。そのため不動産は、住宅ニーズの高まりとフィリピン人の嗜好との本質的な結びつきを反映し、極めて重要な投資手段として際立っている。このような要因が重なることで、不動産がフィリピンで支持され、永続的な投資先として選ばれ続ける意義となっている。


2. コンドミニアムの出現: コンドミニアムの人気が急上昇しているのは紛れもない事実で、こうした居住空間は近代的な設備と比類ない利便性を兼ね備えているからだ。この傾向は今後も続くとみられ、コンドミニアムは国内外の投資家からますます求められている。その魅力は、これらの開発が提供する現代的な設備だけでなく、洗練された贅沢なライフスタイルの約束にもある。不動産情勢が進化する中、コンドミニアムの出現は、投資家と居住者の嗜好の変化を示すものであり、こうした都市居住空間が提供するメリットを優先する傾向が強まっている。



3. 複合開発: 不動産開発における注目すべきトレンドは、商業施設、住宅、レクリエーション・スペースをシームレスに統合した複合施設を開発することである。その目的は、多様な施設やサービスをひとつのつながった環境の中で提供することで、活気ある持続可能なコミュニティを育成することである。この革新的なアプローチは、住民の利便性を高めるだけでなく、自給自足的な地域社会の確立にも貢献している。複合施設開発の人気が高まっているのは、ライフスタイルの嗜好の変化への戦略的な対応と、現代の都市生活における多面的なニーズに応える、総合的で均整のとれたコミュニティの育成へのコミットメントを反映している。


4. フィリピン人再定住の影響力: フィリピン人の定住人口の多さは、不動産セクターにおける投資家やデベロッパーの機会を増大させ、業界の活気を高める上で極めて重要な役割を果たしている。フィリピン人が様々な地域に定住するにつれ、住宅、商業スペース、コミュニティ設備に対する需要が高まり、不動産ベンチャーにとって重要な市場が形成される。この人口動態の影響は、不動産セクターの経済成長に貢献するだけでなく、独自の嗜好や文化的ニュアンスを取り入れることで、不動産の景観を多様化させる。その結果、フィリピン人再定住現象は、不動産市場のダイナミズムと可能性を形成する重要な要因として浮上し、地域社会と不動産業界の共生関係を育んでいる。



5. マクロ経済支援: 不動産市場の拡大は、持続的な経済成長、消費マインドの高まり、不動産投資信託(REIT)法のような政府の戦略的イニシアティブなど、堅調なマクロ経済的支援に支えられている。一貫した経済成長は、消費マインドの高まりが不動産への投資を促し、不動産開発にとって有利な環境を作り出している。不動産投資信託法(REIT法)の導入は、不動産プロジェクトへの効率的な資金供給を促進し、市場をさらに活性化させる。このような良好な経済情勢と政府の支援策との組み合わせは、不動産セクターの継続的な成長と多様化のための強固な基盤を提供し、その回復力と投資家にとっての魅力を確実なものにしている。


2024年の住宅購入: 心強い見通し:

不動産分野の専門家やアナリストは、住宅購入希望者が2024年に不動産探しを開始することを強く推奨している。フィリピンの不動産市場における住宅価格の上昇と成長の見通しが明るいことから、2024年はフィリピン人が住宅取得に投資する好機となる。

政府の予測による年間成長率5.4%は、堅調な不動産市場を示している。市場がさらに好調に推移すると予想される2028年を視野に入れると、この平均成長率は、新規不動産開発予定地における大幅な住宅供給を意味する。



2024年のマニラの不動産市場には、成長と回復力、そして機会が約束されている。トレンド、経済的要因、戦略的推奨事項を総合すると、国内外の投資家がこの国の不動産サクセス・ストーリーに参加できるようなダイナミックな不動産情勢が描かれている。フィリピン人が人生で最も重要な投資のひとつを検討する中、2024年は物件を購入するのに有望な年となるだろう。


Reference:


閲覧数:23回0件のコメント

Comments


bottom of page