top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

2023年のマニラ不動産高騰の要因は明らかか?

更新日:5 日前

January 11, 2024



フィリピンがコロナウィルスの世界的な大流行による経済的余波を乗り越えていく中、不動産業界は回復力と成長を示しながら、堂々と立ち向かっている。様々なセクターが困難に直面しているにもかかわらず、現地の不動産市場は嵐を乗り切っただけでなく、予想外の形で繁栄している。このブログでは、フィリピンの不動産業界、特にマニラの不動産業界の急成長を牽引している要因について掘り下げ、市場に影響を与えている興味深い力学について考察する。


2023年、フィリピン不動産業界の着実な成長:

  • ここ数年、フィリピンの不動産セクターは著しい変貌を遂げている。2022年、経済が不透明な中、住宅市場は改善の兆しを見せ、この傾向は2023年に入っても続いている。COLフィナンシャルの概要業績報告書によると、フィリピンの主要不動産デベロッパーは今年上半期、大幅な収益の伸びを記録した。この上昇基調は、景気回復や不動産投資機会の増加など、さまざまな要因が重なったためと考えられる。



成長を牽引する経済的要因:

  • 各方面で懸念されているインフレ率は、年内には7.6%から6%に低下すると予想されている。この減少は金利引き上げの停止につながると予想され、不動産市場の魅力を広げ、収益の増加につながる可能性がある。複数の経済要因のプラス効果は明らかで、大手不動産デベロッパーの業績は好調で、平均純利益は前年比31.5%増となった。


物件選好の変化:

  • パンデミックの影響を受けたフィリピン人の不動産嗜好の顕著な変化が、不動産市場の成長に一役買っている。Ovialand, Inc.のパミー・オリバレス・ヴィタルCEOが指摘するように、水平的な居住空間を求める傾向は、パンデミックに起因する単なる選択ではなく、今や多くのフィリピン人にとっての嗜好となっている。この変化は、マニラ首都圏以外での不動産需要の増加につながり、フィリピンの不動産業界全体の拡大に貢献している。



ホームセンター事業の課題:

  • 不動産業界が繁栄する一方で、オールホームやウィルコン・デポといった大手ホームセンターは困難に直面している。不動産市場の成長にもかかわらず、これらの企業は2023年上半期に収益が悪化した。消費者行動の変化、特に「リベンジ旅行」やその他のレジャー活動への欲求が、パンデミック規制の緩和とともにこれらの企業の収益に影響を与えた。


2023年の展望

  • 2022年に過去40年間で最速の成長を遂げたフィリピン経済の勢いは、2023年の不動産市場の繁栄を予感させる。経済成長の鈍化が予想されても、不動産に対する楽観的な見通しが弱まることはない。オフィススペースの取得は引き続き堅調で、住宅市場は回復し、製造業投資を誘致する政府の取り組みが産業スペースの吸収を促進すると予想される。デベロッパーは、マニラ首都圏以外の主要成長地域に焦点を当て、進化する情勢を活用することが求められる。



フィリピンがパンデミック後の世界の困難と好機を乗り越え続ける中でも、特に不動産業界は成長と回復力の道標として際立っている。不動産購入者の嗜好が進化していることに加え、良好な経済状況が業界の明るい見通しを後押ししている。特定のセクターでは持続的な課題があるものの、全体的な軌跡は2023年以降のフィリピン不動産市場、特に活気あるマニラ市において有望な未来を描いている。Bed&Goは、一人暮らし、家族との同居、起業のためのオフィススペースの取得、他者にも利益をもたらす成長性のある投資など、お客様のスタイルに合わせた多様な居住オプションを提供しています。


REFERENCE:

閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page