top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

フィリピンでコンドミニアムを借りよう!!: フィリピンでコンドミニアムを借りる時に知っておくべき法的保護と実用的なヒントとは?

更新日:5 日前

Date: October 27,2023

新しいコンドミニアムを借りること、特に新しい国では、結構難しいことです。場所、予算、契約条件、物件の品質など、様々な考慮事項があります。フィリピンでは、アパートの賃貸料は比較的手頃であるだけでなく、家賃管理法(共和国法9653)によって管理されており、家主と借主の双方に特定の法的保護とガイドラインが提供されています。


フィリピンでコンドミニアムを借りる際に考慮すべき要素:


1. 立地の問題:

- フィリピンでアパートを探す際には、安全性、職場への近さ、医療機関へのアクセスなどの要素を考慮しましょう。立地は賃貸価格に大きく影響し、マニラやセブのような都市部は一般的にビーチサイドよりも高くなります。


2. 予算と費用対効果の高い宿泊施設:

- アパート探しを始める前に予算を決めましょう。フィリピンでは、都市部の手頃な中型アパートから、広くて豪華な宿泊施設まで、予算に合わせてさまざまな賃貸オプションがあります。フィリピンの賃貸市場は手頃な価格で知られています。


3. 契約書を確認する:

- 契約書にサインする前に、賃貸契約書を注意深く確認しましょう。物件に適切な所有権書類があり、登記されていることを確認する。契約書には、契約条件、前払い金、その他の重要な詳細も明記されています。契約書をよく読まずに物件を借りることに同意してはいけません。


4. 物件の検査:

- 最終決定を下す前に、借りる予定の物件を徹底的に調べましょう。家具、壁、照明、全体的な品質など、あらゆる点をチェックする。検査中に見つかった問題や不履行は、後で責任を問われる可能性があるため、記録しておく必要があります。


6. ネットワークの接続性:

- 借りる予定の地域で、信頼できるモバイルネットワークの電波が利用できるかどうかを検討しましょう。強力なネットワーク接続は、個人的な理由であれ仕事上の理由であれ、日常的なコミュニケーションに不可欠です。


7. 必要不可欠なユーティリティ:

- 水道や電気などのライフラインが安定して利用できることを確認しましょう。これらのサービスが日常的なニーズを満たすことは極めて重要です。契約書には、これらのユーティリティの供給タイミングや潜在的な問題を明確に定義しておく必要があります。


8. 安全性とセキュリティ:

- 近隣の治安と物件の安全性は最重要事項です。物件が安全な地域にあることを確認し、門扉の状態や敷地全体の安全性など、その他の要素も評価します。


フィリピンにおける賃貸管理法について

家賃管理法(共和国法9653)は、フィリピンの賃貸市場を規制する上で重要な役割を果たしています。以下は、この法律に関する主な法的考察です:


1. エスカレーション率7%:

- 家賃統制法では、同じテナントが入居している限り、家賃の年間上昇率を最大7%に制限しています。この規定は、家主による不当な家賃値上げを防止し、テナント保護を保証するものである。賃貸料は、物件が空室になった場合にのみリセットすることができる。


2. 支払日の目安:

- 賃貸契約書に特に明記されていない限り、賃貸料の支払日は毎月最初の5日以内が推奨されている。これは法律で推奨されているものですが、借主と貸主の間で、双方に合った別の支払日に合意することも可能です。


3. 転貸規制:

- 賃貸物件の転貸は、物件の所有者の書面による同意がなければ禁止されています。これは、全部または一部を転貸する場合に適用されます。物件の一部を転貸する場合は、事前に書面による明確な承諾を得ることが不可欠です。


4. 売却や抵当権に対する保護

- 家賃管理法は、不動産が売却されたり抵当権が設定されたりした場合に、テナントを保護するものです。新しい物件の所有者は既存の賃貸契約を尊重しなければならず、テナントは契約が切れるまでその物件に住み続けることができる。この法律は、不動産所有者の変更による突然の立ち退きを防止しています。

フィリピンでコンドミニアムトを借りるには、様々な配慮と法的保護が必要です。家賃管理法を理解し、定められたガイドラインに従うことで、家主と借主の双方がこの美しい国で公正かつ合法的な賃貸生活を送ることができます。


情報源


閲覧数:9回0件のコメント

Komentarze


bottom of page