top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

マニラの古い不動産管理・借地借家権の不安定は、都市の調和によって変えられるのだろうか?

更新日:4 日前

Date: December 6, 2023


都市の成長と人口密度の上昇、地価の高騰が衝突する激動のマニラ首都圏では、解決すべき問題が山済みです。例えば、フィリピンでは借地権において借り手の立場が非常に弱いことがあげられます。この結果、都市の貧困層は立ち退きの脅威を感じているだけでなく、安全に暮らす権利すら脅かされているのです。この記事では、特に借地借家権の安定と財産管理に関して、今後どうあるべきなのか、5点を見てみましょう。

※借地借家権とは?=貸主の一存だけで立ち退きを要求されることのないよう借り主の権利を保護する原則


1. 借地借家権の安定

正規化と移転に固執する従来の戦略は、土地の所有権と正式な権利に縛られた、狭い範囲での土地所有権の保障を提供するものであった。しかし、この現代的な状況において、都市の貧困層はより総合的なアプローチを求めている。


2. 不動産管理の力の引き上げ

不動産投資の成功は、いかに安い物件を買い、高く売るかといった取引で決まると思っていませんか?実は、その考えは間違っています。その成功は、不動産を所有してから、綿密な計画と将来を見据えた不動産管理にかかっているのです。単に物件を維持するのではなく、成長と持続可能性を促進する環境が提供され続いているか定期的に調査し、質を維持することで投資を成功に導けるようになるのです。


3. 都市の変容に対応する不動産管理

住宅と土地の権利取引の波と流れは、意図しない都市の変容を生み、時に社会改装を生み出すこともあります。そこで、近代的な不動産管理がナビゲーターと して史市場に介入し、社会全体にとっての 公平性を確保する役割を果たすべきです。



4. 貧困層の所有権の保障

フィリピンの硬直化した財産権制度は、都市部の貧困世帯に対して資産の所有権の保障を認めているとは言えません。近代的な不動産管理は、その視線を所有権にとどめず、法秩序、必要不可欠なサービス、居住地内の経済機会といった重要な要素にまで広げて保障するべきです。


5. 借地権と財産管理の相乗効果:

現代の状況において、借地権の確保と革新的な不動産管理の実践を結びつけることは必須です。近代的なツールと戦略を備えた不動産管理者は、都市の貧困層の多様なニーズに応える環境づくりに極めて重要な役割を果たします。


6. 社会的住宅の再発明: 触媒としての不動産管理

これまでの入居改善プログラムは、短期目標を達成するためのだけに行われてきました。これからは、近代的な不動産管理手法を取り入れ、正気目線で取り組みを行い、包括的な貧困削減の取り組み・居住者の持続的な安定と成長の保証という役割を果たすべきです。



マニラ首都圏のさらなる都市化と複雑化により、居住権の保障と新しい不動産管理がどちらも実現すれば、その相乗効果は底知れず高くなるでしょう。つまり、社会住宅プログラムを再構築し、最先端の不動産管理手法を採用し、入居保証の多面的な性質を認識する、つまり多方面から調和によって、マニラは都市としてさらに発展するだろうと考えられるのです。


Reference:


閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page