top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

マニラの不動産需要は新年の著しい成長に備えているか?2024年の不動産活況見通しを発表

Date: January 24, 2024



マニラの不動産市場にとって有望な転機として、来年はオフィスと住宅の両分野で大幅な成長が見込まれる。プロフェッショナル・サービスおよび投資管理の大手企業であるコリアーズは、2024年を通じてこれらのセクターの大幅な拡大を予測している。首都圏(NCR)におけるCovid-19パンデミックの影響減少に後押しされた現場作業の復活が、この好循環の主な起爆剤になると予想される。


マニラの不動産市場が新年を迎え、マニラの不動産を来月の投資機会として位置づける中、来年のマニラの不動産市場の見通しは、将来性と可能性に満ちている。現場での作業、金利の低下、戦略的な開発などがシンクロし、マニラの不動産は単なる具体的な投資機会というだけでなく、進化する都市の不可欠な構成要素として位置づけられている。

こうした要素は市場に活力を与えるだけでなく、進化する経済情勢を乗り切るマニラの不動産セクターの回復力と適応力を強調するものでもあるのだろうか。


コリアーズのリサーチ・ディレクターであるジョーイ・ボンドック氏は、マカティCBD、オルティガスセンター、フォートボニファシオといった主要ビジネス地区における賃貸活動の強化に寄与し、現地従業員が徐々に現場仕事に復帰していることがプラスに働いていると強調した。同社の予測では、2023年末までに賃料は3.2%上昇し、中心ビジネス地区内の住宅賃貸市場の強化が後押しするという。2024年の新規住宅供給戸数は9,620戸と顕著に増加し、ベイエリアに集中すると予測している。低・中所得者層の需要は旺盛で、今年1~9月のマンション販売戸数の73%を占めた。金利と住宅ローン金利の低下も販売前需要の増加に拍車をかけ、不動産市場をさらに活性化させる要因となっている。第3四半期には、住宅の空室率がわずかながら低下し、主要ビジネス拠点における賃貸環境が改善したことを示している。



オフィス部門は、第3四半期に一時的に空室が増加したものの、リース活動の活発化で回復すると予想される。デベロッパーには、流行後の「リベンジ旅行」への関心の高まりに合わせ、マニラ首都圏以外のリゾートやレジャー志向の物件でチャンスをつかむことが求められている。コリアーズはデベロッパーに対し、持続可能で環境に優しい生活オプションに対する需要の高まりに対応するため、新規住宅プロジェクトに「グリーン・リビング」コンセプトを組み込むことを重視した戦略的アプローチをアドバイスしている。



新しい年を迎えるにあたり、デベロッパーへの呼びかけは、成長を描くだけでなく、持続可能性を受け入れることである。新しい住宅プロジェクトに「グリーン・リビング」のコンセプトを組み込むことを推奨することは、世界的なトレンドに沿うだけでなく、現代の住宅購入者の目の肥えた選択を反映するものでもある。環境に配慮した設計の重視は、リゾートやレジャー志向の物件に対する需要の高まりが予想されることと相まって、デベロッパーにとって、進化する消費者の期待に応えるだけでなく、それを上回る機会を明らかにしている。

マニラの不動産は、来年さらに活気に満ち、変貌を遂げようとしている。新しい住宅やオフィスが建設されるたびに、マニラは投資家、デベロッパー、住民に、建物だけでなく、時が経過してもその価値を落とさない、続可能で繁栄するコミュニティづくりの物語に参加するよう呼びかけている。


Reference:


閲覧数:6回0件のコメント
bottom of page