top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

マニラの賃貸市場の発見:絶えず成長する不動産需要についての詳細な観察

Date: May 17, 2024


マニラはフィリピンのビジネスの中心地として活気に満ちています。そのため、住宅地としても人気が高まっています。地元のプロフェッショナル達にとって主要な職場に近いこと、そして外国人駐在員にとって快適な生活環境を求めることから、マニラは多様な住宅の選択肢を提供しています。


マニラの中心業務地区(CBD)近くのコンドミニアムは、活気に満ちた賃貸市場で強力なリターンを求める投資家に特に魅力的です。国内で最も広いCBDを持つマニラは、多くの外国人を引き寄せ、都市の活気ある多様な人口構成を強化しています。



フィリピン統計局の最近の統計によると、外国企業や多国籍企業が地域で増え続けています。2018年の13,553社から2022年初めには17,270社に増加しました。さらに、労働雇用省の地方雇用局によると、2022年には首都圏で50,000人以上の外国人が外国人雇用許可証を受け取りました。特にマニラの中央業務地区(CBD)での住宅リースの需要は、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)、共有サービスセンター、さまざまな国際産業で働く専門家によって大きく支えられています。


マニラの魅力は、投資家に優しい政策、高度なインフラ、そして便利なアクセスによって強調されています。多数の大使館や領事館があるマニラは、外交コミュニティの戦略的な拠点として機能し、国際的な居住者にとっても歓迎される環境を提供しています。



マニラの賃貸市場についての四つの重要ポイント:


1. 人口統計の影響: グローバルノマドの増加とマニラの大きなエクスパットコミュニティの拡大により、賃貸市場が拡大しています。特にビジネスエリアに近い物件が好まれ、便利さのためにより多くの賃料を支払う意志があるテナントがいます。


2. 市場のダイナミクス: 住宅賃貸市場の複雑さを理解することは、投資家、政府機関、借主を含む関係者にとって非常に重要です。ビジネス地区近くの物件に対する需要は、若い専門職や外国人駐在員によって牽引されており、ライフスタイル指向の生活空間へのシフトを示しています。


3. 完全家具付きユニットのトレンド: 家具付きのアパートやコンドミニアムに対する需要が増えています。この需要は、一時的な仕事で移動する人々や、すぐに住める環境を好む人々によって推進されています。これらの設備は利便性と快適さを提供します。


4. 不動産におけるデジタル変革: 不動産業界は、物件の検索、見学、賃貸のプロセスを効率化するデジタルプラットフォームによって変革されています。この技術的進歩は、デジタル志向の人々の好みに合わせており、市場の動向や相互作用に影響を与えています。



マニラの賃貸市場はフィリピン全体の傾向を象徴しており、関わる全ての人々にとって課題と機会が混在しています。市の景観は需要の増加に合わせてダイナミックに変化しており、マニラはフィリピンの不動産業界で活況を呈する中心的な存在として際立っています。これは将来の投資や住宅選びにとって興味深い見込みを提供しています。









参考文献:




閲覧数:2回0件のコメント

Comentários


bottom of page