top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

2024年の不動産革命への準備はできていますか?マニラ不動産の未来を占う5つのトレンドとは?

更新日:6月24日

Date: April 3, 2024

新興地域、インフラの影響、技術の進歩、持続可能性、商業スペースの進化など、重要な側面を掘り下げながら、フィリピンの不動産事情に広がるトレンドをご覧ください。2024年、フィリピンの不動産シーンは、急速な都市化、技術の進歩、持続可能性への活気あるコミットメントによって形作られる魅惑的な舞台となる。


1. 2024年フィリピン不動産市場をナビゲートする

社会的、経済的、技術的な影響が集約された状況の中で、購入希望者は、購入の意思決定の指針となる既存の不動産動向にますます敏感になっている。2023年を振り返ると、フィリピンの不動産市場は、今年を形作ったいくつかの重要な要因に影響されながら、チャンスと課題の両方を示している:

  • 景気回復:2023年のフィリピン経済の力強い復活に後押しされ、不動産セクターは新たな楽観主義に沸いている。低金利と政府の景気刺激策が不動産投資への関心の高まりに拍車をかけている。

  • 都市化:特にマニラ、セブ、ダバオのような大都市では、絶え間ない都市化のペースが住宅・商業用不動産需要の原動力となっている。雇用や教育のために都心へ移住する傾向は、今後も続くと予想される。

  • リモートワーク: リモートワークの台頭により、購入者の嗜好も変化し、リモートワークに対応できる専用のホームオフィスやフレキシブルな居住スペースを備えた物件への需要が高まっている。

  • 持続可能性: 持続可能性と環境に配慮した生活が重視されるようになり、新しい不動産開発のデザインや特徴に消えない足跡が残りつつある。持続可能な住宅の選択肢は、環境意識の高い購入者の間で人気を集めている。



2. インフラ整備が不動産に与える影響

フィリピンのインフラ整備は本格化しており、不動産市場に大きな影響を与えている。新エリアへのアクセスや接続性が向上したことで、有望な投資先として位置づけられ、同時に不動産価格も上昇している。大規模なインフラプロジェクトがフィリピンの不動産事情を一変させている。

  • ビルド、ビルド、ビルド: 政府の「建設、建設、建設」プログラムは、道路、橋、交通網などの重要なインフラ建設を加速させている。マニラ首都圏地下鉄や南北通勤鉄道のようなプロジェクトは、接続性とアクセシビリティを向上させる。

  • 資産価値への影響: 交通の便が改善された地域は不動産価値が上昇することが多く、消費者は現在進行中または計画中のインフラ開発がある地域の不動産上昇の可能性を考慮するようになる。

  • アクセシビリティ: 強化された交通網は通勤を簡素化し、移動時間を短縮し、生活全体の質を向上させる。


3. テクノロジーが住宅市場に与える影響

テクノロジーの進歩に伴い、住宅市場にも変革の波が押し寄せ、買い手の需要や消費者の期待が形成されつつある。投資家は、この領域におけるテクノロジーの発展に遅れを取らないという喫緊の課題に直面している。不動産業界で人気のテクノロジーには、購入者に住宅を360度見渡せるバーチャル・ツアーや、購入者の好みに合わせて物件をマッチングさせるアルゴリズムを採用したAI主導のウェブサイトなどがある。



4. 持続可能で環境に優しい住宅トレンド

フィリピンの不動産業界では、環境持続可能性が大きなトレンドとなっており、デベロッパーは環境効率の高い住宅を提供し、ネット・ゼロのライフスタイルを取り入れる対策を講じている。持続可能で環境に優しい不動産への需要は高まっている:

  • グリーンの特徴: デベロッパーは、ソーラーパネル、雨水利用システム、エネルギー効率の高い設計を新しいプロジェクトに取り入れ、住宅所有者の光熱費を削減し、環境への影響を最小限に抑える。

  • 長期的なメリット: 持続可能な住宅への投資は、エネルギー料金の削減、二酸化炭素排出量の削減、より健康的な住環境など、長期的な利益をもたらす。


5. 進化する商業用不動産の状況

小売スペースはライブ販売、クリック&コレクトサービス、オンラインショッピングなど、進化する環境に対応し、Eコマースの台頭に対応しています。オフィススペースはリモートワークのためのハイブリッドモデルに対応し、倉庫のような産業スペースはeコマースの緩やかな成長により需要が高まっている。商業用不動産セクターは、パンデミックの余波を受け、小売、オフィス、産業用スペースに変化が見られる。ハイブリッドでフレキシブルなワークスペースは、リモートワークが仕事と家庭の境界線を曖昧にするにつれて人気を集め、フィリピンの商業不動産にエキサイティングで特徴的な未来を約束する。



2024年のフィリピン不動産の未来は、景気回復、都市化、リモートワークのトレンド、持続可能性への取り組み、テクノロジーの進歩の影響を受けたダイナミックなシフトによって特徴づけられる。セブ、パラワン、シアルガオなどの新興ホットスポットが注目を集める中、インフラ整備がアクセスや不動産価値に与える影響は計り知れない。テクノロジーは、バーチャルツアーやAIを駆使したプラットフォームなどのイノベーションによって、住宅市場を形成し続けている。さらに、持続可能で環境に優しい住宅に対する需要の高まりは、環境意識の高まりと一致している。商業用不動産セクターは、パンデミック後の変化に適応し、ハイブリッドモデルやフレキシブルなワークスペースを採用し、ユニークでエキサイティングな未来を約束している。この進化し続ける情勢をナビゲートするには、これらのトレンドを鋭く理解し、フィリピンの不動産業界を形成する変革の力に遅れを取らないようにすることが必要です。


Reference: 





閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page