top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

2024年、マニラの不動産の変貌と復活を探る:5つの視点

更新日:6月24日

Date: April 5, 2024



2024年に入るにあたり、フィリピンの不動産セクターは、インフラの発展、居住の好みの変化、商業スペースへの需要の回復という一連の動きによって、機会に満ちた風景を提示しています。この包括的な展望は、交通ハブ近くの住宅への需要の増加から、在宅勤務(WFH)革命によって必要とされる戦略的変化、さらには不動産取引のデジタル化まで、業界を形成する変革的トレンドについて掘り下げます。


住宅不動産:パラダイムシフト

新しい交通システムの導入により、駅やターミナルの近くに住宅物件への大きな移動が促されています。その先駆けとして、戦略的な位置を持つケソン市は、中央ターミナルの開発により、メトロマニラでの注目を集めています。これは、住宅提供の拡大への国全体の準備が整っていることを象徴しています。目立つ傾向としては、国が縦型の開発から、特にメトロマニラ外のリゾートテーマのプロジェクトにおける横型開発へと移行していることが挙げられます。これは、住宅生活における余暇と便利さへの願望を反映しています。このシフトは、ラグジュアリーマーケットの需要の増加によって煽られ、パラワン、ボホール、セブなどの観光に優しい地域での建設活動の高まりが予想されています。



商業用不動産のブーム

住宅成長と平行して、商業不動産セクターも安定した上昇を見せています。これは、継続する在宅勤務(WFH)体制と、MRT-3、MRT-7、そして待望のメトロマニラ地下鉄を含む国の鉄道網の拡張によって推進されています。この開発は、優れた接続性を約束するだけでなく、パシグやタギッグなどの地域を新たなビジネス地区として位置付け、従来の通路を解消し、経済成長を促進する可能性をもたらします。


在外国人とOFW市場:多様な需要のダイナミクス

COVID-19の記憶が薄れる中、ビジネス地区ではBPOや多国籍企業がフィリピン経済への信頼を背景に、外国人駐在員の再増加が見られます。この人口層は現在、プレミアムな住宅ユニットを求めており、開発者がこの高まる需要に応える必要性を浮き彫りにしています。同時に、物件価格の高騰に警戒する海外就労者(OFW)市場は、手頃な住宅オプションを求めており、開発者にとって収益性と手頃さのバランスを取ることが課題となっています。



オフィスとホテルの空間:品質への飛躍

オフィススペースへの需要が急増しており、BGC、マカティ、オルティガスなどのCBDで高品質なオプションが特に好まれています。この傾向は、インフラの改善と観光の復活によって推進されるホスピタリティセクターの成長によって補完されています。フィリピンはまた、ホテルや不動産開発を活用してビジネスイベントや観光客を引きつけることにより、主要なMICE(会議、奨励旅行、会議、展示会)目的地としての地位を確立しています。


デジタル化と持続可能性:新たなフロンティア

技術の台頭は、不動産取引の変革をもたらし、オンラインプラットフォームは物件検索や取引に不可欠となっています。このデジタルシフトは、住宅および商業用不動産の決定において、相互接続性、アクセスの容易さ、および移動性の重要性を強調しています。さらに、環境への意識が高まるにつれて、持続可能性と責任ある開発が重要となり、グリーンプラクティスは不動産プロジェクトの魅力と実行可能性を高めています。



2024年のフィリピンの不動産市場は、強固な経済指標、政府の支援政策、活気ある投資家環境によって駆動される楽観主義に特徴付けられています。見込み投資家やホームオーナーにとって、現在の風景は探求するための有望な道を提供し、大きなリターンの可能性を秘めています。しかし、このダイナミックな市場での成功は、研究、戦略的計画、そして持続可能性と革新に対する洞察の混合を必要とします。産業が進化し続けるにつれて、これらのトレンドと課題を受け入れることが、フィリピン不動産セクターの広大な可能性を解き放つ鍵となるでしょう。この包括的な分析は、フィリピンの不動産市場の現状と見通しを強調するだけでなく、2024年の機会と課題をナビゲートする投資家、開発者、ホームバイヤーのためのガイドとしても機能します。


References:





閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page