top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

マニラの不動産市場での賃貸投資成功を高める:5つの効果的なテナントスクリーニングおよび選択戦略

更新日:7月8日

Date: July 6, 2024


マニラで成功する不動産投資戦略を築くには、入居者選定に細心の注意を払うことが必要です。このプロセスに対する包括的かつ慎重なアプローチにより、物件の所有者と管理者は信頼できる責任ある入居者を確保し、金融リスクを最小限に抑えつつ、物件の完全性を保つことができます。ここでは、マニラ不動産市場のリーディングカンパニーであるベッド&ゴー不動産による入居者スクリーニングおよび選定プロセスに焦点を当てて詳しく探求します。


1. 事前審査プロセス

確実なテナントスクリーニングを始めるには、効果的な事前スクリーニングプロセスが必要です。この段階は重要で、潜在的なテナントを選別する基準を設定し、信頼性が高く経済的に責任があると思われる人々に絞り込むのに役立ちます。


   - スクリーニング基準の定義: これには、潜在的なテナントが満たすべき特定の要件を設定することが含まれます。一般的な基準には、良好な信用スコア、安定した収入、清潔な犯罪記録、そして良好な賃貸履歴が含まれます。これらの基準が公正な住宅法に従うことが重要であり、どんな形の差別も防ぐために必要です。


   - 賃貸申し込みが必要です: すべての候補者は、個人情報、雇用履歴、過去の賃貸情報、および参照情報を含む包括的なデータを収集する賃貸申込書を記入する必要があります。この申込書は、選考プロセスの基礎となり、適性を評価するための基本データを提供します。


   - クレジットチェックの実施: テナントのクレジットヒストリーを評価することは譲れません。クレジットチェックにより、テナントの財政的安定性や家賃などの金銭的義務を果たす信頼性が分かります。


   - 雇用と収入の確認: 収入の安定性は、給与明細や税金の申告書などの書類を通じて証明され、テナントがリース期間中に家賃を支払うことができることを保証します。


   - 過去の賃貸履歴を確認する: 前の大家は、家賃の支払いのタイミングや物件の管理方法など、借主の行動に関する貴重な情報源です。



2. 賃借人面接

入居者面接での個人的な交流により、家主は入居者の行動や物件の要件との適合性を判断できます。


   - 徹底的なインタビューを行う: これはオープンなコミュニケーションを奨励する環境であるべきで、大家ができるだけ多くの情報を集めることができるようにするべきです。


   - 正しい質問をする: 質問は、引っ越しの理由、住む人数、ペットの有無、喫煙の習慣、そして家賃の支払い方法についてカバーすべきです。これにより、彼らのライフスタイルや習慣が物件のルールや条件に合っているかを評価するのに役立ちます。


   - 互換性と適合性の評価: 大家さんは、借主の回答をしっかりと評価する必要があります。面接中の回答の一貫性と全体的な態度は、その借主の適性を示す重要な指標となります。


3. 法的考慮事項

理解と法的基準への遵守は、選考プロセスが全ての適用される法律を尊重していることを保証するために重要です。


   - 公正な住宅法: これらの法律は、人種、宗教、国籍、性別、家族状況、または障害に基づく差別を防ぎます。家主は、そのプロセスが遵守され公平であることを確認する必要があります。


   - 差別を避ける: 大家さんは、差別につながる偏見や仮定を避けるために、すべての申込者に対して一貫した審査基準を適用すべきです。


   - 賃貸契約の準備: この文書には、賃貸条件の全てが明確に記載されている必要があります。これには、家賃、敷金、その他の重要な条件が含まれます。両当事者の権利が守られるように、地元の規制に沿っている必要があります。



4. スクリーニングツールと技術

大家さんは、潜在的な借り手の背景を調査し評価するために、いくつかの方法を使うことができます。


   - 経歴調査: これらのチェックは広範囲にわたり、犯罪歴、立ち退き歴、その他の公的記録を調べることが含まれます。これらは借り手の過去の行動についての洞察を提供するかもしれません。


   - 参照チェック: 前の大家さんや雇用主と直接連絡を取ることで、その入居者の信頼性についての体験談や事実に基づいた証拠を得ることができます。


   - ソーシャルメディアのチェック: 潜在的な借り手のソーシャルメディアのプロフィールをチェックすると、その人のライフスタイルや行動についての追加の情報が得られることがあります。


   - 犯罪履歴調査: 賃借人に犯罪歴がないことを確認することは、物件内の安全と安心を保つために非常に重要です。


5. 警戒すべき赤信号

スクリーニングの過程で、ある警告サインが出ると、その入居者が問題を起こす可能性があるかもしれません。


   - 矛盾や誤った情報: 申請書や面接での回答に違いがあると、不誠実や信頼性の低さを示すことがあります。


   - 信用履歴が悪い: 財政不安定の可能性を示しており、それが財務上の義務を果たす能力に影響を与えるかもしれません。


   - 過去の立ち退きや法的問題: 立ち退きや法律トラブルの歴史があると、問題行動のパターンがあるかもしれません。


   - ネガティブなリファレンスフィードバック: 過去の大家さんや雇い主が悪い経験を報告した場合、将来の問題を予測するかもしれません。



マニラでは、不動産市場がダイナミックで難しいとされています。Bed&Go不動産は、徹底した入居者の審査と選定が非常に重要だと認識しています。この詳細なアプローチは、物件賃貸に関連するリスクを軽減するだけでなく、家主と入居者の間に安定した満足のいく関係を築くことができます。適切な入居者の審査は、投資の利益を守り、調和の取れた住環境を促進するため、物件所有者と入居者の両方にとって有益です。構造的で徹底した審査プロセスを実施することで、家主は物件が利益をもたらすだけでなく、入居者によってよく管理され、尊重されることを確保できます。








Reference:




閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page