top of page
よくある質問: Blog2
  • bedandgoinc

マニラの賃貸を理解する ~借主の目線に立って考える、契約のポイントとは~

Date: December 19, 2023


近代化が進む大都市マニラでは、賃貸と所有のどちらを選ぶかという選択肢が広まっている。多くの人にとって、マニラ首都圏のコンドミニアムに住む魅力は、手頃な価格、利便性、活気あるシティライフを全て満喫できる点です。しかし、日本とフィリピンでは不動産業界の現状は異なるため、賃貸契約の複雑さや、スムーズな居住体験を保証するための賃貸管理業者の役割を理解することは非常に重要です。


コンドミニアム生活の魅力

  • 不動産所有に関連するコストの上昇と、生活の中で移動が増えていることから、コンドミニアムへの居住は、特に起業家を目指すミレニアル世代に人気のある選択肢です。経済的な面だけでなく、多くのコンドミニアムがビジネス街や商業施設に近い立地にあるため、毎日の生活圏が狭く済み、通勤にも便利で時間を節約できます。また、一流のアメニティや空間によって、住民は自宅を目まぐるしい都会生活から解放される隠れ家のように感じることができるのです。


コンドミニアムの賃貸を理解する

  • コンドミニアムの賃貸はアパートの賃貸と似ていると思うかもしれませんが、特に自治会に関しては大きな違いがあります。アパートとは異なり、コンドミニアムでは所有者が団地内の変更について発言権を持ちます。この違いは、借主になる前にフィリピンの借家法全般を理解することの重要性を強調しています。



マニラでの入居に関する重要事項

快適な賃貸生活を送るためには、マニラの賃貸法に精通していることが重要です。フィリピンでの家賃管理法は、家主と賃借人双方のセーフガードとして機能しています。


1. 支払い条件 支払条件: 賃借人は通常、月の初めの5日以内、または賃貸借契約書に明記された通りに、家賃を前払いする必要がある。



2. 敷金: 家主は、契約時に前家賃の1ヶ月分と敷金の2ヶ月分、合計最大で家賃の3ヶ月分までを要求できる。それ以上を要求することはできない。


3. 転貸(サブリース): 転貸は、ユニット所有者の書面による同意がある場合のみ許可される。立ち退きを避けるためには、適切な書類作成が不可欠。


4. 家賃管理法: この法律は、不当な家賃値上げから借主を保護するもので、特に学生に部屋を貸す場合は、値上げを年1回に制限し、上限を7パーセントとする。



入居者のためのガイドライン

マニラの複雑なテナント契約の世界をうまく乗り切るために、入居者は以下のガイドラインに従う必要があります。



1. リースの評価: 契約前に賃貸契約書、コンドミニアムの規則、規約を十分に確認する。


2. 管理費: 賃貸契約違反にならないよう、管理費や設備について問い合わせる事が推奨される。


3. 家賃管理に関する認識: 違法な家賃値上げから身を守るため、賃貸管理法について常に情報を得る事が推奨される。



4. 矛盾点を明確にする: コンドミニアムのハウスルールや賃貸法に矛盾がある場合は、気持ちの良い入居を実現するため、契約前に対処する必要がある。


マニラの不動産事情が進化するにつれ、賃貸人と賃借人の双方にとって、借地借家法のニュアンスを理解することが最も重要になります。法律に関する知識と明確な理解があれば、十分な情報に基づいた意思決定が可能となり、マニラの活気ある都市環境の中心で前向きで安全な生活を送ることができます。



Reference:

閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page